最近のトラックバック

« ジョージのソロ・ワークスの原点 | トップページ | 誠実な欧州ハードバップ・ジャズ »

2012年10月29日 (月曜日)

フラワー・ムーヴメントに乗る

1960年代後半のこの人のリーダー作を聴くと、「時流に乗る」とか「機を見て敏なる」とかいう言葉を思い出す。1960年代後半、フラワー・ムーヴメントにしっかりと乗ったCharles Lloyd(チャールズ・ロイド)。彼の「流行に乗る」戦略はそれはそれは巧みなものだった。

ロイド自身、テナー奏者である。1960年代のジャズの牽引者と言えば「コルトレーン」。特に、1960年代中盤から後半、逝去するまで、観念的で宗教的なフリー・ジャズ的演奏は、フラワー・ムーヴメントを牽引するヒッピーを中心として大いに受けた。観念的で幻想的なフリーキーなテナーの嘶きは、ドラッグでトリップする時のBGMにぴったりだったとか・・・。

そして、コルトレーンの限りなくフリーに近いが、伝統の域に軸足を残したモーダルな演奏は、これまたアーティスティックで、ヒッピーと並んでフラワー・ムーヴメントの中心だった当時の大学生達に大いに受けた。

ここに『Journey Within』(写真左)というアルバムがある。ロイドが、1967年1月27日、サンフランシスコのロックの殿堂『フィルモア』で残した熱狂のライブ盤である。ちなみにパーソネルは、Charles Lloyd (ts,fl), Keith Jarrett (p), Ron McClure (b), Jack DeJohnette (ds)。ベースは何故かCecil McBeeではない。

当時ロックでは「先進的トレンド」だったサイケデリックな音。そして、ラブ・アンド・ピースなどの風俗をジャズに取り入れたロイド・カルテットである。サイケデリックな音は、フリー・ジャズな演奏に置き換え、電気楽器の使用はないがロックに通じるモーダルなインストはモーダルな演奏で代替する。
 

Journey_within

 
今の耳で聴き返すと、この頃のロイド・カルテットは、当時のサイケデリック・ロックの要素をジャズの語法に置き換えた感じが強い。「時流に乗る」とか「機を見て敏なる」という面で実に巧みである。

ロイドのテナーとフルートは、聴き易く判り易い「コルトレーン」という表現がピッタリだと思う。決して、オリジナリティー溢れるとは言い難い、コルトレーンの「判り易いレプリカ」の様なブロウが個性と言えば個性。

とにかく、フリーキーに吹いても、モーダルに吹いても、判り易いテナーとフルート。この判り易い、コルトレーンの様なテナーとフルートをどう評価するかで、ロイドに対する評価も大きく変わるのだろう。

そんなロイドのバックで、ピアノのキース・ジャレットとドラムのジャック・デ・ジョネットは、勝手に好きなように、モーダルなリズムセクションの、様々なアプローチを演奏してみせる。とにかく、やりたい放題し放題である(笑)。

フロントではロイドが、聴き易く判り易い「コルトレーン」で吹きまくっているバックで、このリズム・セクションの二人は、リーダーのロイドの演奏にお構いなく、勝手に好きなように、モーダルなリズムセクションの、様々なアプローチを演奏しまくる。時に、キースなどはフリーに走ってピアノを完全フリー・ジャズに弾きまくる。

これはこれで良かったのだろう。リーダーのロイドの演奏にお構いなく、勝手に好きなように、モーダルなリズムセクションの、様々なアプローチを演奏する、ちょっとアーティスティックで複雑なパフォーマンスが、ロイドのコルトレーンの「判り易いレプリカ」の様なブロウを更に「判り易く」惹き立たせているのだから面白い。

このライブ盤の内容は、1960年代後半、フラワー・ムーヴメントの時代ならではのコンテンポラリー・ジャズな音である。ジャズがロックの様に当時の時流、流行に乗って、受けまくり売りまくる。商売としてのジャズのアプローチ。そう、これもジャズである。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジョージのソロ・ワークスの原点 | トップページ | 誠実な欧州ハードバップ・ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/47637262

この記事へのトラックバック一覧です: フラワー・ムーヴメントに乗る:

« ジョージのソロ・ワークスの原点 | トップページ | 誠実な欧州ハードバップ・ジャズ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ