最近のトラックバック

« ブラッド・メルドーの攻略法・2 | トップページ | ショーターのお披露目ライブ盤 »

2012年10月 2日 (火曜日)

ブラッド・メルドーの攻略法・3

このアルバムは、ブラッド・メルドーの代表作の一枚だと思う。1998年5月27・28日ニューヨーク・ライトトラック・スタジオにて録音。タイトルは『The Art Of The Trio, Vol. 3』(写真左)。

このアルバム全体を覆う雰囲気は「マイナーな哀愁」。ブラッド・メルドーのピアノの個性は、それまでのジャズ・ピアノのスタイリスト達の個性のショーケース的なところ。しかし、このアルバムは、その「ショーケース的なところ」を広く「マイナーな哀愁」でラッピングしている。

このアルバムを聴いて、全面に押し出されている雰囲気は「マイナーな哀愁」。徹頭徹尾、冒頭の「Song-Song」から、ラストの「Sehnsucht」まで、どっぷりと「マイナーな哀愁」。マイナーに暮れなずむ「夕暮れ時のダークな雰囲気」。哀愁感を増幅させるエコー・ペダル。哀愁感を際立たせるマイナーコードの羅列。

このアルバムを覆う「マイナーな哀愁」は、決して、ファンキーなマイナーさでは無い。アフリカン・アメリカンのネイティブな響き、ファンクネス漂うマイナー調とは全く異なる。クリスタルで色づけの無い、ヨーロピアンなマイナー調。クラシックを感じさせる、ジプシーなどの大道芸的な「哀愁感だけが漂う」マイナー調。

 

The_art_of_trio_vol3

  

ブラッド・メルドーは、1970年8月23日フロリダ州マイアミで生まれる、とある。それでも、彼のピアノの音は「欧州」そのもの。決して、アメリカン・ジャズの代表的雰囲気である、アフリカン・アメリカンな響きは実に希薄。そういう雰囲気は、以前のジャズ、そうキース・ジャレットの響きに似ている。

しかし、キースは時に、ゴスペルチックでアーシーなアフリカン・アメリカンな旋律に音を染める。しかし、メルドーには、アフリカン・アメリカンな旋律に音を染めることは決して無い。といって、耽美的でリリカルが全面に押し出た「欧州的」な旋律とはちょっと異なる響き。つまりは、ブラッド・メルドーのピアノって、決して「隅に置けない」ということ。

聴けば聴くほど、このアルバムを覆う「マイナーな哀愁」が、単純な「哀愁感」では無いことが判ってくる。聴く度に角度を変えるように、ニュアンスを変える、ブラッド・メルドーの「マイナーな哀愁」。聴き応え十分。

ブラッド・メルドーの「トリオの芸術」。アルバム全体で醸し出すアーティスティックな雰囲気は、メルドー独特な個性。「ショーケース的なところ」を広く覆い尽くしながら、全面に押し出された「マイナーな哀愁」。ブラッド・メルドーのピアノの個性の最初の到達点である。見事なピアノ・トリオなアルバムである。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ブラッド・メルドーの攻略法・2 | トップページ | ショーターのお披露目ライブ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/47288542

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッド・メルドーの攻略法・3:

« ブラッド・メルドーの攻略法・2 | トップページ | ショーターのお披露目ライブ盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ