最近のトラックバック

« J.D.サウザー、もう一丁! | トップページ | ブラッド・メルドーの攻略法・3 »

2012年10月 1日 (月曜日)

ブラッド・メルドーの攻略法・2

そのジャズ・ピアニストの個性を感じるには、当然、ジャズは即興なんだから、ライブが良い。加えて、他のピアニストと比較するには、スタンダードを題材とした演奏が良い。

Brad Mehldau『The Art of the Trio, Vol. 2 - Live At the Village Vanguard』(写真左)。ブラッド・メルドーの個性を感じるにピッタリのアルバムである。
 
このライブ盤は、1997年7月と8月の録音。ニューヨークは、ライブハウスの老舗、ビレッジ・バンガードでのライブ録音になる。ちなみにパーソネルは、 Brad Mehldau (p), Larry Grendier (b), Jorge Rossy (ds)。鉄壁のトリオである。

収録された曲は、メルドーの自作曲は一曲も無い。コール・ポーター、セロニアス・モンクといったジャズ・スタンダード名曲がズラリと並ぶ。この多くのジャズ・ピアニストが挑戦してきたジャズ・スタンダードの名曲をメルドーがどう弾きこなすか、という一点にこのアルバムの興味は集約される。

ブラッド・メルドーは非常に面白い個性をしている。ジャズの歴史の中で、現在までの優秀な「スタイリスト」と呼ばれる、自らの個性を確立したジャズ・ピアニストの個性を集約した様な「個性」をしている。

ある部分はビ・バップであり、ある部分はモードであり、ある部分はフリー。そして、ある部分はセロニアス・モンクであり、ある部分はビル・エバンスであり、ある部分はキース・ジャレットであり、ある部分はチック・コリアだったりする。マッコイ・タイナーの「シーツ・オブ・サウンド」的な奏法も披露するし、レニー・トリスターノの様な「クール奏法」もちらりと顔を出す。
 

The_art_of_the_trio_vol2

 
つまり、ブラッド・メルドーのピアノの個性は、それまでのジャズ・ピアノのスタイリスト達の個性のショーケース的なところ。
 
しかし、ブラッド・メルドーの非凡なところは、その「それまでのジャズ・ピアノのスタイリスト達の個性」が単なる物真似になっていないところ。そして、個性のごった煮的雰囲気なんだが、演奏のトーンがバラバラにならずに「一貫性」を保っている。

ブラッド・メルドーのピアノは、「それまでのジャズ・ピアノのスタイリスト達の個性」を自らのものにして、自らの個性を反映し、一貫性を保った、独特の弾き回しになっているのだ。これが素晴らしい。
 
だからこそ、ブラッド・メルドーは、他の現代のジャズ・ピアニストから注目され、目標にされる。所謂「ミュージシャンズ・ミュージシャン」である所以である。

ピアノ・トリオとしての展開は、ピアノ、ドラム、ベースとそれぞれが独立性を保った自由度の高いインプロビゼーション中心の展開。アプローチの基本は、キース・ジャレットのスタンダーズや、スコット・ラファロとのビル・エバンス・トリオと同じ、というか、スタンダーズやビル・エバンス3に比べて、インプロビゼーションの自由度の高い展開が「クール」。さすが、現代を代表するピアノ・トリオの一つである。

ブラッド・メルドーのピアノの個性を確認するに最適な一枚だと思います。ビレッジ・バンガードのライブの雰囲気も良く、聴いていて、なかなかに心地良さを感じることが出来ます。良いライブ盤です。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« J.D.サウザー、もう一丁! | トップページ | ブラッド・メルドーの攻略法・3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/47277079

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッド・メルドーの攻略法・2:

« J.D.サウザー、もう一丁! | トップページ | ブラッド・メルドーの攻略法・3 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ