« AOR名盤「南から来た男」 | トップページ | 小曽根 真『Live & Let Live』 »

2012年9月10日 (月曜日)

スムース・ジャズの原点のひとつ

Spyro Gyraの『Freetime』(写真左)。1981年のリリースになる。このアルバムは、スパイロ・ジャイラの個性を定着させたターニング・ポイントとなったアルバムだと認識している。

1979年の出世作『Morning Dance』から『Catching the Sun』『Carnaval』と、アルバム・ジャケットのイラストレーションの雰囲気も統一されていて、そのアルバム・ジャケットの雰囲気と、音世界の中で。そこはかとなく香るラテンの雰囲気から、僕は勝手に「トロピカル3部作」と呼んでいる。

ちなみに、この3作のアルバム・コンセプトは、当時のフュージョン、つまり、ハイテクニックで、印象的なフレーズを前面に押し出し、ソフト&メロウな雰囲気を醸し出しつつ、疾走感、爽快感溢れる8ビート中心、電気楽器中心のジャズ、といった雰囲気を忠実に追求したものになっている。

しかし、そのフュージョンな雰囲気、フュージョンな音作り、というのは、所詮は「流行」の世界であって、恒常的な個性とするには、もう少し、その音楽性を煮詰める必要があった。

という、バンドとしての悩ましいタイミングの中でリリースされたアルバムが『Freetime』。このアルバムには、フュージョン・ジャズの後、その要素をしっかりと引き継いだ「スムース・ジャズ」の礎となる音作りがなされている。

僕は、「スムース・ジャズ」とは、フュージョン・ジャズ、ポップ・ジャズをベースに、R&Bのテイストを融合させ、高度な音楽性を保持しながらも「聴き易い」「聴き心地の良い」ジャズという解釈をしている。そういう意味で、このスパイロ・ジャイラの『Freetime』は、それまでの「トロピカル3部作」に比べて、ファンクネスな雰囲気が強くなっており、リズム&ビートについても、メリハリの強い、R&B的なビートのノリが前面に押し出されている。
 

Freetime

 
冒頭のタイトル曲「Freetime」が、その象徴的な演奏と言えるだろう。ビートが強く効いたエレベの響き、心地良い爽快感溢れるシンセのフレーズ、そして、そこはかとなくファンクネスを漂わせながらも、印象的な響きとキャッチャーなフレーズが印象的なソプラノ・サックスの響き。 演奏全体の雰囲気が、それまでのフュージョン・ジャズの雰囲気とはちょっと違うことに気が付く。

テクニック的には、超絶技巧なものなんですが、決して、それを前面に押し出すこと無く、印象的なフレーズを前面に押し出し、ソフト&メロウな雰囲気を醸し出しつつ、疾走感、爽快感溢れる8ビートなエレクトリック・ジャズを表現する。所謂、後のスムース・ジャズ的な演奏を前面に押し出している。そういう意味で、当時のスパイロ・ジャイラは、フュージョン・ジャズの最先端を走っていたバンドのひとつと言えます。

青空に舞い上がれ! 
最新NYサウンドと爽やかなメロディー!
豪華ミュージシャンをバックに 
スパイロ・ジャイラの意欲みなぎる第5作!」

LP時代の帯紙に書かれたキャッチ・フレーズですが、ちょっと赤面ものではありますが、この『Freetime』のアルバムとしての雰囲気をまずまず言い得ていると思いますね。でも、ちょっと気恥ずかしい、歯の浮くようなフレーズが並んでいて、声を出して読むの憚られるレベルですねえ(笑)。 

米国東海岸を代表するフュージョン・グループ「スパイロ・ジャイラ」は、このアルバムを境に、スムース・ジャズ化していきます。そんな、スムース・ジャズなスパイロ・ジャイラの原点が、このアルバム『Freetime』にギッシリと詰まっています。フュージョン・ジャズの、スムース・ジャズの名盤の一枚に数え上げるべき、なかなかの内容の優秀盤です。
 
 
 
★大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
  

« AOR名盤「南から来た男」 | トップページ | 小曽根 真『Live & Let Live』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スムース・ジャズの原点のひとつ:

« AOR名盤「南から来た男」 | トップページ | 小曽根 真『Live & Let Live』 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー