最近のトラックバック

« ピアノ・トリオの代表的名盤・30 | トップページ | AOR名盤「南から来た男」 »

2012年9月 8日 (土曜日)

B・ストライサンドのAOR

Barbra Streisand (バーブラ・ストライサンド)。米国では絶大なる人気を誇った女性ミュージシャンである。どれほど、絶大な人気であったのか。Wikipediaを紐解くと・・・。

バーブラ・ストライサンドはデビュー以来、60作以上のアルバムを録音、1970年代の終わりには、米国で最も成功した女性歌手として認識された。彼女のアルバムのセールスは凄まじく、当時、彼女より多くのアルバムを売り上げていたのはエルヴィス・プレスリーとビートルズだけであった(wikipediaより)。

他の女性ミュージシャンからの尊敬を集める「ミュージシャンズ・ミュージシャン」でもあるそうですが、僕が米国ポップスにはまっていた1970年代、日本では意外と地味な存在だった記憶があります。少なくとも、米国での人気を全く実感出来ない位の地味さだった、と思います。

バーブラ・ストライサンドという名を初めて意識したのは、1974年の「The Way We Were(追憶)」。良い声をした、とても歌が上手い女性シンガーだなあ、と思いました。でも、この「バーブラ・ストライザンド」という名前が長くて、響きが独特なので覚えにくく、その辺も、日本での人気の停滞に繋がっていたのかな、と思います。

さて、そんなバーブラ・ストライザンド。1974年の「追憶」以降、音楽雑誌やFM雑誌ではその活躍とその姿を見たり読んだりするんですが、彼女の歌声をLPレベルで聴き込んだことは全く無かったですね〜。

そして、1970年代後半、突如やってきたAORブーム。そんなAORブームの真っ只中で、久し振りにバーブラ・ストライザンドの名前に再会します。1980年リリースの傑作アルバム『Guilty』(写真)です。
 

Guilty

 
このアルバム『Guilty』は、映画「Saturday Night Fever」のサウンドトラックの大ヒットで、当時、勇名を馳せていたビージーズのBarry Gibb(バリー・ギブ)の全面バック・アップを得て製作された、ポップ・ロック、ソフト・ロック中心のAOR系アルバム。

メリハリの効いたポップでキャッチャーなメロディ、そして、バーブラとバリーの絶妙なデュエットが絶品のタイトル曲「ギルティ」から始まるこのアルバムは、AOR時代の極上のポップ・ロックな名盤です。

このタイトル曲はシングル・カットされ、米国で最高位3位となる大ヒットとなりました。この曲、実に良い雰囲気で、とにかく、バーブらとバリーのデュエットが上手い。聴き心地満点で、この曲が冒頭にあるということで、この『Guilty』は、当時、個人的にかなりのヘビロテ盤になりました。

冒頭のタイトル曲だけでこれだけの出来を誇っている訳ですから、後に続く8曲ついても、それはそれは素晴らしい出来の曲ばかりです。どの曲が良くて、どの曲がどう、ということなんてとても言えない(笑)。

曲の出来、演奏の内容、優れたボーカル、アレンジ、プロデュース、どれをとっても非常に優れた結果を出していて、このアルバムをAORの傑作の一枚としています。確かに、AORという、都会的で大衆的でソフィストケートされた「大人のロック」という形容がピッタリの内容になっていますね。

今の耳で、このアルバムを聴いてみると、当時、ほぼ楽器として定着したシンセサイザーをストリングス代わりにアレンジした、バリー・ギブのアレンジメントの手腕が素晴らしいことに改めて気付く。やっぱり、名盤というものには「優れたアレンジメント」が必須な要素なんですね〜。

1980年当時、この盤『Guilty』を聴いて、バーブラ・ストライザンドって、歌がむっちゃ上手いんやな〜、と感動したことを、今でもはっきりと覚えています。そして、バリー・ギブの趣味の良いアレンジもお気に入りでした。今でも、AORの名盤は、と問われると、このアルバムの名前は絶対に出てきますね。名盤です。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ピアノ・トリオの代表的名盤・30 | トップページ | AOR名盤「南から来た男」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/47002307

この記事へのトラックバック一覧です: B・ストライサンドのAOR:

« ピアノ・トリオの代表的名盤・30 | トップページ | AOR名盤「南から来た男」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ