« 僕にとっての「鉄板」ピアニスト | トップページ | B・ストライサンドのAOR »

2012年9月 7日 (金曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・30

Charlie Haden, with Gonzalo Rubalcaba and Paul Motian『The Montréal Tapes』(写真左)。ピアノトリオのライブ盤である。

1989年7月3日。タイトル通り、ベースでリーダー格のチャーリー・ヘイデン、ピアノのゴンサロ・ルバルカバ、ドラムのポール・モチアンのトリオによるジャズフェスティバルで有名なスイスの「モントルー」での1989年のライブ盤(良く見ると「e」の上に「’」がついている)。

僕はゴンサロ・ルバルカバ(写真右)のピアノが大好きだ。ゴンサロのピアノは、印象派ピアノの側面を持ち、メロディアスでリリカルで幅の広い、ちょっとラテン・フレイバーの入った、ゆったりとフレーズの展開と、モーダルで超絶技巧で電光石火なビ・バップ・ピアノの融合。

リリカルで印象派なフレーズとモーダルで超絶技巧で電光石火なビ・バップ・ピアノの共存。そんな唯一無二な個性を持つゴンサロのジャズ・ピアノ。この正反対な個性の共存は、普通のスタンダード曲のカバーには決して向かない。そんな孤高の共存には自作曲が一番。つまり、ゴンサロのピアノの出来不出来は、ゴンサロの作曲とアレンジの出来不出来に比例する。

さて、このチャーリー・ヘイデンがリーダー格のピアノ・トリオのライブ盤『The Montreal Tapes』のゴンサロのピアノの出来は良好。というか、このライブ盤でのゴンサロのピアノは、ゴンサロのベストプレイのひとつに数えられるほどの、内容優れた、素晴らしい出来である。
 

Charlie_haden_the_montreal_tapes

 
アルバムの1曲目。ゴンサロの静かで印象的で広大なイメージのピアノ・ソロから始まる、ゲイリー・ピーコック作の「Vignette」 。この曲はゴンサロの作では無いが、ゴンサロのピアノの個性である「リリカルで印象派なフレーズとモーダルで超絶技巧で電光石火なビ・バップ・ピアノの共存」にピッタリとイメージが合致した希有な曲。この演奏でのゴンサロのピアノの素晴らしさには溜息しか出ない。

このライブ盤でのゴンサロのラテン・フレイバーはちょっと控えめ。それがまた、そこはかとなく「洒脱」で、ゴンサロのピアノ展開を際立たせる。ヘイデンの骨太で正統派ベースが、ゴンサロのピアノをメインストリーム化させている。そして、モチアンのドラムは、ゴンサロのモーダルで超絶技巧で電光石火なビ・バップ・ピアノのガッチリと支え、大いに煽りまくる。

ヘイデンのぶっといベースにも痺れまくる。そして、モチアンの緩急自在で「粋筋」なシンバル・ワークには思わず聴き入ってしまう。ヘイデンのベースもモチアンのドラムも、ソロにおいては思いっきりそれぞれの個性を前面に押し出し、ゴンサロのピアノのバックに回れば、ゴンサロの演奏のイメージをしっかり支えながら、ゴンサロのピアノのイメージを、時には増幅し、時には最大限に目立たさせる。高度な職人芸の仕業。

印象的ではあるが地味なアルバム・ジャケット(僕は好きですけどね)。何か残り物の様な、音源の落ち穂拾いの様なタイトル。ジャズ者ベテランで、チャーリー・ヘイデンやゴンサロ・ルバルカバが何者かを知っていて、お気に入りでないと手にしない様なライブ盤。

しかし、僕はこのライブ盤のクォリティの高さにはとことん平伏する。このライブ盤には、巷溢れる人気のピアノトリオ盤を決して寄せつけないほどの「凄み」と「粋」がある。孤高のピアノトリオ盤である。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 僕にとっての「鉄板」ピアニスト | トップページ | B・ストライサンドのAOR »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ・トリオの代表的名盤・30:

« 僕にとっての「鉄板」ピアニスト | トップページ | B・ストライサンドのAOR »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー