最近のトラックバック

« 「睡眠導入盤」としての愛聴盤 | トップページ | 久し振りにユニークなピアノじゃ »

2012年9月26日 (水曜日)

ビッグバンド・ジャズは楽し・18

約1ヶ月ぶりの「ビッグバンド・ジャズは楽し」の特集。3日前辺りから、めっきり涼しくなった。涼しくなってきたら、てきめん、ビッグバンドが聴くのが楽しくなる。

今日のビッグバンド・ジャズは『Ron Carter's Great Big Band』(写真)。2010年6月の録音。ロン・カーターの音楽キャリアの中で初めての、待望のビッグバンド・ジャズの録音だったと聞く。

ビッグバンド・ジャズの楽しみは、ビッグバンド・ジャズとしてのアレンジメントとコンポーズとプロデュース。しかし、このロン・カーターの初のビッグバンド盤は、アレンジャー兼ミュージック・ディレクターであるロバート・M・フリードマンに委ねられている。な〜んだ、ロン・カーター自身が、自身のビッグバンドのアレンジャー兼ミュージック・ディレクターを担当している訳じゃあ無いのか。

じゃあ、ロン・カーターとして、自らのビッグバンドを率いるチャンスが初めて巡ってきたとして、何が楽しかったのか、と思ってしまうし、聴く方としても、何を楽しみにして、この盤を聴いたら良いのか。ちょっと戸惑いを感じながらのアルバムのリスニングである。

収録された曲は、なかなかユニーク。ビッグバンド御用達という曲は多々あるが、ロン・カーターがリーダーということを考慮してか、ハードバップの名曲のビッグバンド・アレンジがずらりと並ぶ。

例えば、ガレスピーの「Con Alma」、マリガンの「Line for Lyons」、ショーターの「Footprints」、ジョン・ルイスの「The Golden Striker」など、ビッグバンド・ジャズのアレンジで、そうそう聴ける楽曲では無い。

Ron_carters_great_big_band

さて、アルバム全体の雰囲気は、と言えば・・・。一言で言うと「安全運転」。ビッグバンドのメンバーもテクニックの優秀なメンバーをずらり集めている様で、ビッグバンドの演奏は素晴らしく出来が良い。破綻は全く無し、オーバードライブすることも無く、スローなバラードで横滑りすることも全く無い。

アレンジメントも普通の優秀なビッグバンドの「良きアレンジ」を集めて、その良いとこ取りをしたような、とにかく、絵に描いた様な端正で優等生的なアレンジメントで、とにかく聴いていて破綻が無い。変な癖も無い。個性的な響きも無い。この辺が、ビッグバンドを愛好するジャズ者の方々から、どう感じるかが興味のあるところ。

僕にとっては、何かしながらの「ながらジャズ」としては良いが、この「安全運転」で、絵に描いた様な端正で優等生的なビッグバンドは、どうも心底楽しめない。あまりに優等生的な、個性に乏しいビッグバンドなので、面白味に欠けるというか、どのポイントに絞って聴き耳を立てたらよいのやら、迷ってしまうなあ。

しかし、ビッグバンド入門用としては最適な内容でしょう。癖の無いところ、これがビッグバンドです、という様な優等生的なところが、ビッグバンドを初めて聴くジャズ者の方々には、結構良いのではないか、と思います。聴く耳に音が優しい、録音の良いところもグッド。

ビッグバンド・ジャズの楽しみは、ビッグバンド・ジャズとしてのアレンジメントとコンポーズとプロデュース。このポイントを全て、他人に任せてしまった、ロン・カーターがリーダーのビッグバンドって、どうにも楽しみポイントが見いだせない。

このアルバムを聴いて改めて思った。やっぱり、ビッグバンド・ジャズの楽しみは、ビッグバンド・ジャズとしてのアレンジメントとコンポーズとプロデュースなんだなあ、と。それは決して他人に任せてはいけないんだなあ、と・・・。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« 「睡眠導入盤」としての愛聴盤 | トップページ | 久し振りにユニークなピアノじゃ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/47220945

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグバンド・ジャズは楽し・18:

« 「睡眠導入盤」としての愛聴盤 | トップページ | 久し振りにユニークなピアノじゃ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ