最近のトラックバック

« ティル・ブレナーのバラード集 | トップページ | サマー・オブ・ラブなライブ盤 »

2012年8月 1日 (水曜日)

敦賀明子の会心作『Sakura』

暑い日が続く。こんなに暑い日が続くと、ジャズなんて聴く気が起きない、なんて思う方もおられるかと思うが、どうしてどうして、そんなこと、これっぽっちも思わないなあw。

電力不足、脱原子力発電が叫ばれる中、ちょっと不謹慎だとは重々承知なのだが、エアコンでそこそこ冷えた部屋の中で、暑い陽射しを追いやりながらの昼下がり、熱いコーヒーや紅茶を飲みながら聴くジャズは、これまた格別なものがある。

この猛暑の夏、そんな天国のような環境の中で聴くジャズは、意外とファンキーなヤツが良い。ファンキーなヤツと言えば「オルガン・ジャズ」。このところの猛暑の日が続く中、エアコンでそこそこ冷えた部屋の中で、暑い陽射しを追いやりながらの昼下がり、熱いコーヒーや紅茶を飲みながら聴くファンキー・ジャズは、敦賀明子の『Sakura』(写真左)。

敦賀明子の最新作であり、敦賀明子の会心作である。ちなみにパーソネルは、Akiko Tsuruga (hammond B3 organ), Jerry Weldon (ts), Joe Magnarelli (tp,flh), Bob DeVos (g), Rudy Petschauer (ds)。さすがに、敦賀明子以外のメンバーについては、僕は知らない。2011年4月19&20日の録音。

敦賀明子の個性である「乾いてあっさりとしたファンクネス」をどっぷりと湛えたハモンド・オルガンが、この『Sakura』でも唸りまくる。個性豊かなオルガンである。

1フレーズ聴いただけで「恐らくこれは敦賀明子のオルガンである」と確定出来る位の個性溢れるオルガン。そんな個性的なオルガンを日本人が奏でる時代が来るとは、今から30年前、ジャズ者初心者の僕は想像だにしなかった。聴いていてワクワクするし、聴いていて楽しい。

Akiko_tsuruga_sakura

敦賀明子のリーダー作での収録曲の特徴として「アレンジメントの良さ」が挙げられる。この『Sakura』でも、そんな「アレンジメントの良さ」が感じられる楽曲が目白押し。目立ったところでは、6曲目の「Sukiyaki」。坂本九の「上を向いて歩こう」のオルガンジャズ・バージョン。そして、9曲目の「Sakura」。日本の文部省唱歌「さくら」のオルガンジャズ・バージョン。

日本作の楽曲はジャズにすると、ちょっと俗っぽく、凡百な演奏に陥ってしまう傾向が強かったが、この2曲は違う。敦賀明子のアレンジの勝利だろう。良い出来です。

そして、更なる僕のお気に入りは、2曲目の「Smile」、そして、11曲目の「I Won't Last A Day Without You(愛は夢の中に)」。どちらも秀逸な出来。特に「愛は夢の中に」は良い出来だ。カーペンターズの名曲のカバー。ポップで聴き易く、ライトなファンクネスが心地良い、とても良く練られたアレンジが僕は大好きだ。「Smile」も良い。この楽曲の持つ魅力的な旋律を、自らのオルガンでは無く、サックスに譲って、自らのオルガンは徹底的にバッキングに回る。なんて潔いアレンジだ。

良いアルバムです。敦賀明子として、彼女のオルガンの個性を確立した、敦賀明子の会心作である。楽しく聴き易いオルガン・ジャズ。敦賀明子として、一番「ポップ」に傾いた秀作だと思います。日本人がここまでジャズ・オルガンを弾きこなす成果に、思わず感じ入ってしまいます。

アルバム・ジャケットには、「つるりん(敦賀明子のニックネーム)」の着物姿(おお〜っw)。アルバム・ジャケットの着物姿からも、このアルバムに懸ける「つるりん」の意気込みが伝わってきます。 

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« ティル・ブレナーのバラード集 | トップページ | サマー・オブ・ラブなライブ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/46544560

この記事へのトラックバック一覧です: 敦賀明子の会心作『Sakura』:

« ティル・ブレナーのバラード集 | トップページ | サマー・オブ・ラブなライブ盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ