最近のトラックバック

« エレ・マイルスの最高地点・1 | トップページ | 暑かった夏のポップなR&B盤 »

2012年8月15日 (水曜日)

エレ・マイルスの最高地点・2

このアルバムも、エレクトリック・マイルスの最高地点。エレクトリック・マイルスの「孤高のパフォーマンス」がここにもある。エレ・マイルス者の「聖典」の一枚がここにもある。

そのアルバムの名は『Pangaea(パンゲアの刻印)』(写真)。『Agharta(アガルタの凱歌)』と同じく、1975年2月1日に行った大阪フェスティバル・ホールでの「夜の部」の模様を収録した2枚組ライブ・アルバム。

当然、パーソナルは『アガルタの凱歌』と同じ。Miles Davis (tp, org), Sonny Fortune (ss, as, fl), Reggie Lucas (el-g), Pete Cosey (el-g, per), Michael Henderson (el-b), Al Foster (ds), Mtume (per)。伝説のエレ・マイルス七重奏団。ダブル・ギターにダブル・パーカッションの超弩級の編成である。

このライブ盤は、それまでのエレ・マイルスとは全体的な雰囲気がちょっと異なる。それまで、エレ・マイルスが追求してきた、ジャジーでファンクネス溢れる「リズム&ビート」は、このライブ盤では「メイン」では無い。本当に不思議な「大阪の夜」である。

確かに、エレ・マイルスが追求してきた、ジャジーでファンクネス溢れる「リズム&ビート」は、要所要所で炸裂する。

しかし、その「リズム&ビート」は、それまでのテンション溢れる、行き止まりの様な、行き所の無い様な、突き詰めたようなジャジーでファンクネス溢れる「リズム&ビート」では無く、余裕のある、どこか底が抜けたような、安堵感溢れる、素晴らしく爽快感溢れるジャジーでファンクネス溢れる「リズム&ビート」が、この『パンゲアの刻印』には記録されている。
 
Pangaea
  
しかし、本当に不思議である。1975年2月1日に行った大阪フェスティバル・ホールでの同じ日でのパフォーマンスでありながら、「昼の部」と「夜の部」、たった数時間で、ここまで、演奏する内容がガラッと変わるなんて・・・。一体、マイルス七重奏団に何があったのか。それほど、この『パンゲアの刻印』で記録されたライブ演奏は、『アガルタの凱歌』で記録された「昼の部」での演奏の内容とはガラッと変わる。

このライブ盤のエレ・マイルスの音は、それまで積み上げてきた「エレ・マイルスの音」とは異なり、雰囲気的には「静謐な間」を活かした幽玄な演奏に急激に傾倒している。この「静謐感」は、エネルギッシュなジャジーでファンクネス溢れる「リズム&ビート」とは、全く相反する、相反する展開。その相反する展開が、この『パンゲアの刻印』というライブ盤で、いきなり「出現」し、いきなり「メイン化」する。

そして、面白いのは、2枚目の全てを埋め尽くす「Gondwana」の途中、真ん中辺りよりちょっと前、硬派な4ビートが現れるところなど、それまでのエレ・マイルスには全く見られ無かった展開。完全に、この大阪フェスティバル・ホールでの「夜の部」のライブ・パフォーマンスで「化学反応」が起きている。その瞬間が凄い。思わず、その切れ味とテンションに「鳥肌」が立つ。

しかし、マイルスにとっては、この大阪フェスティバル・ホールでの「夜の部」のライブ・パフォーマンスでの「化学反応」を発展させることは叶わなかった。

1975年2月1日の大阪フェスティバル・ホールでの「夜の部」の壮大なパフォーマンスを最後に、1980年に『ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン』の(発表は1981年)のレコーディングを開始するまで、体調の悪化が主原因で、マイルスは長い休養期間に入る。約6年間の沈黙。1970年代後半は完全に「引退状態」と化すのだ。
 
 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« エレ・マイルスの最高地点・1 | トップページ | 暑かった夏のポップなR&B盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/46703342

この記事へのトラックバック一覧です: エレ・マイルスの最高地点・2:

« エレ・マイルスの最高地点・1 | トップページ | 暑かった夏のポップなR&B盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ