最近のトラックバック

« このライブ音源はマニア向け | トップページ | オランダ発の欧州プログレ »

2012年7月28日 (土曜日)

夏になると良く聴くロック

日本ならではの蒸し暑い夏がやってくると、不思議と決まって、ヘビロテになるロックがある。基本的には、サザン・ロック系が多い。R&Bなど、アメリカ南部の泥臭い音楽を前面に押し出したロックである。

泥臭い雰囲気を前面に押し出すのであれば、なんだか暑苦しいのではないか、と思われる向きもあるが、意外と、この泥臭い雰囲気が、日本の蒸し暑い夏の気候に合うような気がするのだ。この感覚は、遠く30年以上前の高校時代、ロックを聴き始めた頃から今までの、共通の僕の感覚である。

リトル・フィートというバンドがある。西海岸ロック出身ではあるが、R&B、カントリー、ジャズなど、アメリカン・ルーツ・ミュージックの影響を色濃く押し出しているサウンドが身上の、乾いたファンクネスが特徴なバンドである。音的には「サザン・ロック」の範疇に位置しても良い、アメリカ南部の泥臭い音楽を前面に押し出した音が特徴的である。

そのリーダーは、ローウェル・ジョージ。スライド・ギター、ヴォーカルを担当する。彼のスライド・ギターは天才的。鋼の様に硬質でしなやかで粘りのある、うねるようなスライド・ギターが醸し出す「乾いたファンクネス」は、リトル・フィートの最大の個性になった。

そんなローウェル・ジョージが残した唯一のソロ・アルバムがある。『Thanks I'll Eat It Here(特別料理)』(写真左)。邦題の「特別料理」というのが凄い(笑)。1979年の作品。この作品のリリース後、1979年6月29日にドラッグのオーバードーズによる心不全で死去している。
 

Thanks_ill_eat_it_here

 
このローウェル・ジョージのソロアルバムは、一言でいうと「限りなくファンキーなアメリカン・ルーツ・ロック」の名盤のひとつと断言できる。ローウェル・ジョージのスライド・ギターのファンクネス全開、伸びやかなフレーズ、うねるようなビート、粘りのあるカッティング。ギタリストとしての最高のパフォーマンスがこのソロ・アルバムにギッシリと詰め込まれている。

女性ボーカルのコーラスを上手く絡めた、ローウェル・ジョージのボーカルもなかなかに味のあるもの。彼のボーカルは、実にファンクネス溢れるボーカルなのだが、黒人の様に「ウェット」では無い。ローウェル・ジョージのボーカルは「乾いた」ファンクネス。この「乾き具合」が絶妙なのだ。

R&B、カントリー、ジャズ、そしてゴスペルなど、アメリカン・ルーツ・ミュージックの要素をバランス良く詰め込み、レイド・バックなロック・ビートをベースに、良い意味で余裕のある、適度な音の隙間を持った、実に雰囲気の良い「サザン・ロック」系の音が朗々と展開されていく。

ローウェル・ジョージのソロ活動にリトル・フィートのメンバーはほとんど関与すること無かったが、このローウェル・ジョージのソロアルバムは、リトル・フィートよりも、音的には「サザン・ロック」の度合いが高く、アメリカ南部の泥臭い音が蔓延している。「乾いたファンクネス」もギッシリと詰まっていて、リトル・フィートよりもリトル・フィートらしい音世界である。

不思議と日本の蒸し暑い夏の気候に合う、ローウェル・ジョージのソロ・アルバム。ローウェル・ジョージ独特の乾いたファンクネスが、暑い夏に「一服の清涼感」を与えてくれます。これが良いんですね。今年もヘビロテになってます。 

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« このライブ音源はマニア向け | トップページ | オランダ発の欧州プログレ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/46496817

この記事へのトラックバック一覧です: 夏になると良く聴くロック:

« このライブ音源はマニア向け | トップページ | オランダ発の欧州プログレ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ