最近のトラックバック

« ジョンスコの幻の初リーダー作 | トップページ | 敦賀明子の会心作『Sakura』 »

2012年7月31日 (火曜日)

ティル・ブレナーのバラード集

ドイツ出身イケメントランぺッター兼ボーカリスト、ティル・ブレナー(Till Bronner)。僕の注目株トランペッターの一人。

生まれたのは音楽一家。1970年生まれ。ティル・ブレナーが少年時代にのめり込んだのは、クラシック・トランペット。そのセンスは優秀。そんなハイ・テクニックなトランペットはジャズの演奏にも引き継がれている。

ティル・ブレナーのトランペットのテクニックの凄さと音のふくよかさ、豊かさに感心。これぞトランペットっていう素晴らしい音。ブラスが良く鳴るというか、響くというか、素晴らしく正統な音がする。

そんなティル・ブレナーが、名匠ラリー・クラインをプロデューサーに迎えた、実に雰囲気の良いバラード集。タイトルは『Oceana』(写真)。2006年作。

米西海岸はロサンゼルスでの録音作。バラード集だけあって、ミディアム〜スローナンバー中心。ちなみにパーソネルは、Till Bronner (tp,vo), Larry Goldings (org,p,el-p), Dean Parks (g), David Piltch (b), Jay Bellorose (ds), Gary Foster (as)。ティル・ブレナー以外は知らないなあw。でも、演奏内容は確か。

Till_bronner_oceana

そんな中、ブレナーは、情感豊かに、ゆったりとした雰囲気で、実に気持ちよさそうに、トランペットを吹き上げていく。メジャー・コードの曲ですら、たっぷりと潤いをたたえた雰囲気で、全曲、スロー&メローな曲調が、今の季節に実にシックリ来る。

今回のアルバムは、カバー中心の選曲で、ジャズ・スタンダードはもちろん、レナード・コーエン、ニック・ドレイク、ハンク・ウィリアムス、エドゥ・ロボなど、ちょっと捻った玄人好みの選曲が「ニクイ」。

ボーカル入りの曲も充実していて、ゲストに、マデリン・ペルー、カーラ・ブルーニ、ルシアーナ・スーザという3人のボーカリストが参加していて雰囲気良好。ブレナー自身もボーカルをとっており、「リヴァー・マン」などは、チェット・ベイカーを彷彿とさせて、実に雰囲気の良いボーカルを聴かせている。

とにかく、全体の雰囲気が良いのだ。ボーッとなにもせず、寛いだ状態で聴き流すと、日頃の疲れや嫌な思い出が洗い流されていくような、そんな極上のバラード集です。

ノスタルジックで、優しくて、大人のジャズって感じが満載です。ちなみに録音も秀逸。特にベースの重低音がブンブンと迫って、大迫力。良いアルバムです。

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジョンスコの幻の初リーダー作 | トップページ | 敦賀明子の会心作『Sakura』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/46532696

この記事へのトラックバック一覧です: ティル・ブレナーのバラード集:

« ジョンスコの幻の初リーダー作 | トップページ | 敦賀明子の会心作『Sakura』 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ