« 夏はボサノバ・ジャズ・その10 | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その11 »

2012年7月25日 (水曜日)

ジャズ・ロック出身の名曲の一つ

ジャズ・ロック。音楽のジャンルにおいて、ジャズおよびロックより発展した一つの演奏スタイル。ジャズにおいて、ロックビート、いわゆる8ビートや16ビートというロック風なビートを取り入れた、新しい演奏スタイルが生まれた。ファンキー・ジャズの延長線上で、その発展形として、1960年代後半をピークに1970年代にかけて流行した。

そんなジャズ・ロックの中で、「ジャズ・ロック出身の名曲」と呼ばれる曲が幾つかある。その一つが「Freedom Jazz Dance」。Eddie Harrisの手になる8ビートの名曲である。一度聴くと絶対に忘れられないフレーズがぎっしり詰まっています。不思議に捻れたフレーズに、上下動の激しい旋律の上げ下げ。ギクシャクした感じの展開なんですが、口ずさめるようなキャッチャーな旋律が素晴らしい。

そんなジャズ・ロックの名曲中の名曲「Freedom Jazz Dance」。僕が思うに、やはり、作曲者本人の演奏が一番良いみたいで、このへんてこりんなジャズ・ロックな名曲「Freedom Jazz Dance」を楽しめるアルバムが、Eddie Harris『The In Sound』(写真左)。

1965〜66年の録音。ちなみにパーソネルは、Eddie Harris (ts), Cedar Walton (p), Ron Carter, Melvin Jackson (b), Billy Higgins (ds), Ray Codrington (tp), Sonny Philips (org), Bucky Taylor, Ray Barretto (perc)。さすが、ジャズ・ロックの名盤の一枚。リズム・セクションには要となるメンバーがガッチリと入っている。ピアノのシダー・ウォルトン、ベースのロン・カーター、ドラムのビリー・ヒギンス。パーカッションのレイ・バレット。
 

The_in_sound

 
アルバム全体のトーンは、ファンキー・ジャズ。聴き易い、親しみ易いファンキー・ジャズ。冒頭の「The Shadow of Your Smile」など、良質なファンキー・ジャズの名演である。寛ぎのファンキー・ジャズ。これだけでも、このアルバムは「良し」。

2曲目の「Born to Be Blue」以降もファンキー・ジャズの名演がゾロゾロ続く。3曲目大スタンダード曲の「Love for Sale」のファンキー度といったら、ファンキー・ジャズ・マニアからすると、もう「メロメロ」である ww。

冒頭の「The Shadow of Your Smile」からずっとファンキー・ジャズの名演が続いた後、6曲目のラストに、突如として、このジャズ・ロックな名曲「Freedom Jazz Dance」が、満を持して登場する。

一度聴いたら忘れられない、奇妙で癖になる不思議な捻れと上げ下げが織り込まれたファンキーでジャズ・ロックな名曲。それまでのファンキー・ジャズの曲と、この「Freedom Jazz Dance」というジャズ・ロックな名曲とのギャップというか、落差というか、まったく次元の異なる、実にクールな響きに思わずクラクラする ww。

ジャズ・ロックな名曲として、これまで、様々なジャズ・ミュージシャンにカバーされた名曲「Freedom Jazz Dance」。ジャズ・ロック出身の名曲として、全てのジャズ者の方々に体験して頂きたいと思います。体験するに、やはり極めつけは、作曲した本人のリーダー作『The In Sound』。良いアルバムです。良いジャズ・ロックの佳作です。一度、体験してみて下さい。 

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 夏はボサノバ・ジャズ・その10 | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その11 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・ロック出身の名曲の一つ:

« 夏はボサノバ・ジャズ・その10 | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その11 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー