« ECMレーベルの看板ギタリスト | トップページ | マーカス・ミラーの傑作ライブ盤 »

2012年7月11日 (水曜日)

超絶技巧なテクニックを誇る二人

さてさて、今日から、ジャズ・ベーシストのリーダー作のお話しに戻ろう。今日は、ジャズ・ベーシストのリーダー作の代表的パターンの2つ目である、ベーシストとしてその超絶技巧なテクニックを全面的に押し出したケースについて、の続きである。

ベーシストとしてその超絶技巧なテクニックを全面的に押し出したケースについては、ジャズ・ベーシストの何かにポイントを置いた「企画もの」のアルバムが多い。超絶技巧なテクニックを前面的に押し出したケースが大多数ではあるけど・・・。

このアルバムは、そんなジャズ・ベーシストの「企画もの」盤の一枚。Niels-Henning Ørsted Pedersen & Sam Jones『Double Bass』(写真)。超絶技巧なテクニックを誇る二人のベーシストが組んだ、二人のベーシストの個性を最大限に愛でることができる「企画もの」である。

ちなみにパーソネルは、 Niels-Henning Ørsted Pedersen (b), Sam Jones (b), Philip Catherine (g), Albert Tootie Heath (perc), Billy Higgins (ds)。1976年2月15,16日の録音。欧州ジャズのベース奏者の第一人者ペデルセンと、米ジャズの中堅ベース奏者サム・ジョーンズの共演盤。ドラマーは2人がエントリーされているが、ベース2人+ギター+ドラムの変則カルテット編成が基本。

ペデルセン、ジョーンズ共に超絶技巧なテクニックの持ち主だが、特に、ペデルセンのベースの演奏テクニックは群を抜いている。特に、ピチカート奏法における、旋律を奏でるギター・ライクなインプロビゼーションは傑出したもの。

Double_bass

しかも、クラシックの素養のあるペデルセンのベースは、ピッチがしっかりと合っていて、彼のソロの旋律弾きは聴いていて気持ちが良い。とにかく素晴らしいテクニックである。クラシックの伝統がベースにある、欧州ならではのジャズ・ベースである。とにかく、ペデルセンの「旋律弾き」は凄い。まるでギターである。これがあの図体のでかいアコベを使っての技とは思えない、驚愕のテクニックである。

サム・ジョーンズだって素晴らしいジャズ・ベースを聴かせてくれる。ジョーンズのベースは、さすが米国ジャズ出身だけあって、太い芯が通った様な重心の低い重低音でリズム&ビートを底で支える、バップ的なジャズ・ベース。ギター・ライクなインプロビゼーションも聴かせてくれるが、どちらかと言えば、リズム・セクションとしてリズム&ビートを支えるベースである。

この企画盤『Double Bass』では、どちらのベーシストも甲乙付け難い。ペデルセンもジョーンズも奏法の個性を活かしつつ、自らの個性も十分に主張する。二人のベースは、耳が良く、テクニックが優秀が故に、決して重ならないし、被らない。

これって奇跡的なこと。スピーカーに向かって左のペデルセン、右のジョーンズ。聴き分けることの出来る位、それぞれのベースの個性は異なるが、どちらも素晴らしいパフォーマンス。甲乙付け難いというか、このアルバムを聴くと、甲乙付けること自体が無意味なことだと感じる。 

ジャズ・ベースが完璧に主役の凄まじい内容の「企画もの」盤です。ジャズ・ベースの演奏テクニックの真髄を聴くことが出来ます。クラシックも真っ青な、流れるような正統派テクニック。加えて、ジャズ・ベースとしてのリズム&ビートを底で支えるリズム・セクションとしてのテクニックも秀逸。

「これがジャズ・ベースだ」というキャッチフレーズが聞こえてきそうな、素晴らしい内容のアルバムです。 

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

 
                                       

« ECMレーベルの看板ギタリスト | トップページ | マーカス・ミラーの傑作ライブ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超絶技巧なテクニックを誇る二人:

« ECMレーベルの看板ギタリスト | トップページ | マーカス・ミラーの傑作ライブ盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー