最近のトラックバック

« オランダ発の欧州プログレ | トップページ | ティル・ブレナーのバラード集 »

2012年7月30日 (月曜日)

ジョンスコの幻の初リーダー作

今や押しも押されぬ、ジャズ・ギターの重鎮。その気持ち良く捻れた変則フレーズが身上の個性的なジャズ・ギタリストと言えば、ジョン・スコフィールド(John Scofield・以降「ジョンスコ」と略す)である。

そのジョンスコの初リーダー作は、日本でのリリース時のタイトルは『John Scofield』(写真左)、米国でのリリース時のタイトルは『East Meets West』(写真右)。1977年、日野皓正クァルテットの一員で来日の折、東京にて日野兄弟と録音した初のリーダー名義作品。トリオ・レコードからのリリースだった。

1977年8月12日、18日の録音。ちなみにパーソネルは、John Scofield (g), Clint Houston (b), Motohiko Hino (ds), Terumasa Hino (tp)。日野元彦、日野皓正、いわゆる「日野兄弟」が参加。全体的に適度にリラックスした、実に良い雰囲気のセッションである。

このアルバムは何故か良く覚えている。トリオレコードからのリリースということで、入手するのは比較的簡単だった。というか、この日本盤の真っ青な海と空の色、そして、右端にジョンスコの上半身のアップ。ジョンスコがちょっと老けた感じで、なんだか、このジャケットに惹かれて入手した、という「変則ジャケ買い」なアルバムだった。
 

Album_john_scofield

 
1977年の録音だから、ジョンスコ26歳の頃である。まだまだ若手駆け出し的な年齢だが、既に彼の個性的なギタースタイルは確立されている。気持ち良く捻れた変則フレーズ、不思議なアウト感覚、少し聴くだけで「ジョンスコ」と判る、フレーズ、音色共に、実に個性的なギターである。後に、マイルス・デイヴィスが自らのバンドにスカウトしたことも頷ける。

ジョンスコのギターは、伝統的なジャズに根ざしたコンテンポラリーなもの。決して、フュージョン・ギターでは無い。変に捻れているので判り難いが、あくまでジャズの範疇に根っこを残した、モーダルなギター。アブストラクトな向きもあるが、決して、アブストラクトに走らない。フリーキーに傾くが、決して、フリーキーに走らない。冷静に、実に良くコントロールされたプレイもジョンスコの特徴。

クリント・ヒューストンのベースもブンブンと重低音を響かせながら、ジョンスコを支える。日野元彦のドラムの叩き出すリズム&ビートがコンテンポラリーな響き。当時の流行のリズム&ビートと思いきや、いやいや、今の耳にも新しさを感じる、日野元彦の個性的なリズム&ビート。リズム・セクションが実にリラックスした、軽いうねりのあるリズム&ビートを供給する。適度な軽さ。魅力的である。

このジョンスコの初リーダー作『John Scofield』は、幻のリーダー作とされる。僕は偶然、所有していたので、そうかなあ、と思うんだが、録音と発売の経緯からすると、ジョンスコ・ファンのジャズ者の方々からは「こんなアルバムあったんや」という、軽い驚きを覚えるアルバムなんだろうな。良い初リーダー作です。ジョンスコを感じるに格好の一枚です。 

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« オランダ発の欧州プログレ | トップページ | ティル・ブレナーのバラード集 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/46519296

この記事へのトラックバック一覧です: ジョンスコの幻の初リーダー作:

« オランダ発の欧州プログレ | トップページ | ティル・ブレナーのバラード集 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ