最近のトラックバック

« 夏は「欧州フリー・ジャズ」だ | トップページ | 超絶技巧なテクニックを誇る二人 »

2012年7月10日 (火曜日)

ECMレーベルの看板ギタリスト

今日も昨日に引き続き、ECMレーベルのアルバムの話を・・・。このECMレーベル、実に硬派なレーベルで、1970年代の十八番に「欧州フリー・ジャズ」があり、今回ご紹介するアルバムの様に、時代の最先端を行く、その当時のトレンディーなジャズのアルバムも積極的にリリースしていた。

今日、ご紹介するアルバムは、Terje Rypdal(テリエ・リピダル)のファースト・ソロ・アルバム『Terje Rypdal』(写真左)。1971年8月12-13日の録音。

ちなみにパーソネルは、Terje Rypdal (g, fl), Jan Garbarek (ts,fl,cl), Ekkehard Fintl (oboe, English horn), Bobo Stenson (el-p), Arild Andersen (b,el-bass), Jon Christensen (per), Inger Lise Rypdal (vo)。意外と大所帯である。

テリエ・リピダルは、ノルウェーのギタリスト兼作曲家。歪んだトーンで独特な空間を作り出すプレイが特徴で、ジャズ・ギターというよりはロック・ギターのテイストである。ロック・ギターといっても、ジャンルはプログレッシブ・ロック。そのノイジーで歪んだ硬質のトーンは、ゲルマン・プログレの雰囲気満載である。

そんなテリエ・リピダルのソロ・アルバム。このアルバムの雰囲気は、ズバリ「エレクトリック・マイルス」。エレ・マイルスの雰囲気満載。そのエレ・マイルスの中でも『A Tribute To Jack Johnson』の音世界をバッチリ踏襲。

このマイルスの『A Tribute To Jack Johnson』については、1970年の作品。テリエ・リピダルの作品は1971年。かなりタイムリーに、その当時のトレンディーなジャズの要素を取り入れている。

Terje_rypdal

ワウワウ・ペダルとアタッチメントを駆使した、捻れて浮遊感溢れる歪んだ音色。まるで、エレ・マイルスのワウワウ・トランペットのトランペットをエレギで置き換えたかのようなワウワウ・エレギ。オープン・ストロークで弾くロック・テイストなエレギは、エレ・マイルスのエレギを彷彿とさせる。カッティングなぞ、ソックリじゃ(笑)。

女性ボーカルを活かすところは、第1期Return To Foreverを彷彿とさせる。ストリングスをアレンジするところは、クロスオーバー・ジャズやニュー・ジャズを彷彿とさせる。そして、観念的で幽玄なエレギのフレーズは、ゲルマン・プログレを彷彿とさせる。

その当時のトレンディーなジャズを上手くミックスし、アレンジした作品である。加えて、楽器の音そのものを活かした現代音楽的な硬質な響き。前衛ジャズの響き。そして、個性的で限りなく静謐で豊かなエコー。ECMレーベルの面目躍如である。これぞECM的な音世界。

ファースト・ソロ・アルバムでは、そのミュージシャンの基本的な音が、基本的な音世界が詰まっていると言われるが、この『Terje Rypdal』を聴いていて、その事を改めて強く感じる。

そう、このアルバムには、テリエ・リピダルの音の「源」がギッシリと詰まっている。テリエ・リピダルを愛でるには、まずはこのアルバム『Terje Rypdal』から始めたい。

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« 夏は「欧州フリー・ジャズ」だ | トップページ | 超絶技巧なテクニックを誇る二人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/46276323

この記事へのトラックバック一覧です: ECMレーベルの看板ギタリスト:

« 夏は「欧州フリー・ジャズ」だ | トップページ | 超絶技巧なテクニックを誇る二人 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ