« 素敵な「ブラジル・テイスト」 | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その10 »

2012年7月22日 (日曜日)

夏はボサノバ・ジャズ・その9

キャノンボール・アダレイ(Cannonball Adderley)とは、本名ジュリアン・エドウィン・アダレイ。太ったその姿を「Cannonball」に見立てて、それがニックネームとなり、芸名になった。

マイルス・デイビス・グループのメンバーとして一躍有名になり、その官能的かつファンキーなノリ・ノビのある、それでいて、その奥に繊細さ精緻さを兼ね備えるアルト・サックスが特徴。弟のコルネット奏者ナットともに結成したグループで、ファンキー・ジャズの代表者となった。

キャノンボールのアルトは、ノリ・ノビが素晴らしく、健康優良児的な明るくファンキーな演奏が身上。この健康優良児的なアルト奏者が、ほのぼのとした、ホンワカした雰囲気で聴かせるボサノバ・ジャズにチャレンジしたアルバムがある。そのアルバムとは『Cannonball's Bossa Nova』(写真)。

1962年12月の録音。ちなみにパーソネルは、Cannonball Adderley (as), Sérgio Mendes (p), Durval Ferreira (g), Octavio Bailly, Jr. (b), Dom Um Romão (ds), Pedro Paulo (tp), Paulo Moura (as)。キャノンボール以外は、ブラジルの現地ミュージシャン。知らない名前ばかりなのは当たり前 w。

このアルバムは、かの敏腕プロデューサーのオリン・キープニュースのプロデュース。Capitol Recordsからのリリースになる。ファンキージャズの人気者キャノンボール・アダレイが、その対極的ともいえるボサノバ亜調の曲を演奏するというもの だ。直感として、ミスマッチと言えばミスマッチではある。
 

Cannonballs_bossa_nova

 
まあ、1963年と言えば、米国は空前のボサノバ・ブーム。猫も杓子も「ボサノバ」だった時代の流れからすると、よくある流行に乗った企画モノって感じがするが、易々とそうはさせずに、立派なジャズ・アルバムとして仕立て上げてしまうのが、キャノンボールの優れたところで、ジャズ・ジャイアントの一人である所以である。

バックを勤めるメンバーは、ブラジル人作曲家兼ピアニストのセルジオ・メンデスのバンドがサポート、太陽が眩しいリオのリズムをベースに、ボサノバ・フレーバーを振りまいている。キャノンボールは、そのボサノバ・フレーバーをバックに、類い希な歌心をもって、朗々とボサノバを歌い上げていくところがこのアルバムのハイライトだ。

アントニオ・カルロス・ジョビンの超有名スタンダードである「Corcovado」や「Once I Loved」やジョアン・ドナートの「Minha Saudades」のカヴァーは、ボサノバ・ジャズの第一人者であるスタン・ゲッツよりも、メリハリの聴いた歌心が溢れている分、キャノンボール・アダレイに軍配が上がると僕は思う。

とにかく、ここでのキャノンボール・アダレイのアルトは明るい。輝かんばかりに眩しいアルトの音色で、とかく、ソフトになりがちなボサノバを、メリハリつけて、しっかりと歌い込んでいく様が、実に爽快で、実に健康的で、僕はこのボサノバアルバムが大好きです。

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 素敵な「ブラジル・テイスト」 | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その10 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏はボサノバ・ジャズ・その9:

« 素敵な「ブラジル・テイスト」 | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その10 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー