最近のトラックバック

« 忘れ去られたバーチュオーゾ | トップページ | ジャズとイスラエルの旋律の融合 »

2012年7月18日 (水曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・29

ECMレーベルらしいピアノ・トリオである。現代音楽の響き、フリー・インプロビゼーション一歩手前の限りなく自由で無限に拡がりのある音世界。

特にピアノが良い。決して、古典的でクラシカルな響きは無い。決して、エンタテインメント性を追求したファンキーな響きは無い。あくまでストイックで冷徹な、緊張感溢れるクリスタルな響きとアブストラクト一歩手前、フリーキー一歩手前の限りなく自由ではあるが「秩序ある」インプロビゼーションの世界。

ベースは前面に押し出たピアノのフリーキー一歩手前の限りなく自由ではあるが「秩序ある」インプロビゼーションの世界のフレーズをシッカリと底で支えるベース。現代音楽的な展開に追従する、これまた現代音楽的な響きが個性的なベース。これはもう「ジャズ・ベース」の範疇では捉えられない、自由度の高い、限りなく現代音楽的なベース。

ドラムもあまりに個性的。限りなくアブストラクト、限りなくフリーキーではあるが、キッチリとリズム&ビートを供給して、このピアノ・トリオの演奏を「秩序ある」演奏の範疇に留める、実に重要な役割を担う、限りなく自由度の高いドラミング。これまた、現代音楽的な響きが豊かな、実に印象的な、硬質で鋼質な音が豊かなパーカッシブな世界。

そのアルバムの名は、Chick Corea『A.R.C.』(写真左)。ちなみにパーソネルは、Chick Corea (p), Dave Holland (b), Barry Altshul (ds, per)。1971年1月の録音。チックの硬質で尖った切れ味の良いピアノと、ベースのデイブ・ホランド、ドラムのバリー・アルトシュルとの緊張感漂うインプロヴィゼーションの応酬。

Chick_corea_arc

その最大の成果が冒頭の「Nefertitti」。ウェイン・ショーターの作。マイルス・クインテットでの決定的名演が有名。同一テーマをニュアンスを代えて展開する不思議な名演。ジャズへのアンチテーゼ。そんな構築美が絶対のウェインの名曲を、チックのピアノ・トリオは解体し、アブストラクト一歩手前、フリーキー一歩手前の限りなく自由ではあるが「秩序ある」インプロビゼーションに再構成する。

ラストの「Games」の現代音楽的な響きの素晴らしさはどうだ。息をのむほど美しい、硬質で鋼質な音が豊かな、パーカッシブなドラミングに対抗するかのように直感的に切り返し、チェンジ・オブ・ペースを織り込みながら、あくまでストイックで冷徹な、緊張感溢れるクリスタルな響きとアブストラクト一歩手前、フリーキー一歩手前の限りなく自由ではあるが「秩序ある」展開が素晴らしいピアノ。そして、限りなく現代音楽的でスペースを活かしたフレージングでフロントのピアノの支え続けるベース。

エンターテイメント性を追求した、聴いて楽しいピアノ・トリオでも無ければ、旋律の美しい、聴き易く、ピアノの音を徹底的に愛でることが出来るピアノ・トリオでも無ければ、ファンキーな響きが楽しい、黒くてダンサフルでソウルフルなピアノ・トリオでも無い。

あくまで、アーティスティック性をシビアに追求した、あくまでストイックで冷徹な、緊張感溢れるクリスタルな響きとアブストラクト一歩手前、フリーキー一歩手前の限りなく自由ではあるが「秩序ある」展開を基本とした、現代音楽的なピアノ・トリオの世界。

欧州、それも北欧出身のジャズ・レーベルであるが故の個性。総帥、マンフレート・アイヒャーの西洋クラシック音楽の伝統にしっかりと軸足を置いた「ECMの考える欧州ジャズ」。それを強調する限りなく静謐で豊かなエコーを個性とした録音。

再度言う。これぞ、ECMレーベルらしいピアノ・トリオの中の一枚。硬派なジャズ者の方々にお勧めの一枚。謹んで「ピアノ・トリオの代表的名盤」の仲間入りをさせて頂きたい。

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« 忘れ去られたバーチュオーゾ | トップページ | ジャズとイスラエルの旋律の融合 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/46374858

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ・トリオの代表的名盤・29:

« 忘れ去られたバーチュオーゾ | トップページ | ジャズとイスラエルの旋律の融合 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ