最近のトラックバック

« 夏はボサノバ・ジャズ・その9 | トップページ | ジャズ・ロック出身の名曲の一つ »

2012年7月24日 (火曜日)

夏はボサノバ・ジャズ・その10

ボサノバ・ジャズでテナー・サックスとくれば、十中八九、決まって、スタン・ゲッツとくる。

今でも横行する、ボサノバ・ジャズをやるテナー奏者はスタン・ゲッツしかいないかのような、判で押したようなアルバム紹介。でも、21世紀に入っての現在、ボサノバ・ジャズのテナーと言えばスタン・ゲッツだけというのは、あまりに淋しい。

このアルバムは、21世紀に入った現在、ボサノバ・アルバムの新譜の中では出色の出来のアルバムの一つであると思っている。ジム・トムリンソン(Jim Tomlinson)の『Brazilian Sketches』(写真左)。ちなみにパーソネルは、Jim Tomlinson (ts), Stacey Kent (vo), Colin Oxley (g), John Pearce (p), Simon Thorpe (b), Chris Wells (ds)。2001年4月の録音。

ジム・トムリンソンの名には、あまり馴染みの無い方が多いかもしれないのですが、英国で活躍しているテナーサックス奏者です。英国を代表する女性ジャズ・ボーカリスト、ステイシー・ケントの夫君でもあります(写真右)。

彼のテナーの音色は一度耳にすると「おや?」と思われる方もあるのでは、と思います。そう思われた方は結構、ジャズ・テナーを聴き込んでいる方だと思われますが、ジャズ・テナーの巨匠スタン・ゲッツに良く似ているのです。ゲッツのテナーを明確に力強くした感じとでも言いましょうか。

Brazilian_sketches

ジャズ・テナーと言えば、ジョン・コルトレーンのフォロワーが多いのですが(というか、ジョン・コルトレーンのフォロワーばっかりって感じもあるが・・・)、ゲッツのような、歌心を全面に出すテナー奏者のフォロワーはそんなに数がいるものではない。実に頼もしい限りです。

そのトムリンソンが、細君のステイシー・ケントを迎えて、作成した企画盤がこの『Brazilian Sketches』。テナーのゲッツとボーカルのアストラット・ジルベルトが「イパネマの娘」という名盤を作り上げたように、テナーのゲッツを敬愛するトムリンソン〜ケント夫妻で、この『Brazilian Sketches』を作り上げる。なんだか、ほのぼのとしますよね。

やはり、このアルバム、トムリンソン〜ケント夫妻のコラボレーションが、最大の見所となります。2人の共同作業は、1曲目・4曲目・7曲目・10曲目の4曲。特に、10曲目の「ジェントル・レイン」は、二人の息もピッタリ合って素晴らしい。

他の曲も、トムリンソンが実に健闘していて、なかなか充実したテナーを聴かせてくれるので、このアルバム、21世紀に入ってのボサノバ・アルバムの中でも、出色の出来となっている訳です。お勧めです。

アルバム・ジャケットのデザインだけが凡庸で問題かなあ。内容が素晴らしいのに、愛の無いアルバム・ジャケットのデザインです。リリースしたレコード会社の愛の無さをビンビンに感じますねえ ww。

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 夏はボサノバ・ジャズ・その9 | トップページ | ジャズ・ロック出身の名曲の一つ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/46447739

この記事へのトラックバック一覧です: 夏はボサノバ・ジャズ・その10:

« 夏はボサノバ・ジャズ・その9 | トップページ | ジャズ・ロック出身の名曲の一つ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ