最近のトラックバック

« クールでセンシティブなマイルス | トップページ | 人生の深さを悟った「サウザー」 »

2012年6月16日 (土曜日)

酷いラフさの『Wild Life』

『RAM』の スーパー・デラックス・エディションが、この5月にリリースされたり、『ポール・マッカートニー』と『マッカートニー II』のデラックス・エディションが、昨年の6月にリリースされたりで、何かと賑やかなポールの周辺である。

僕もそのトレンドに乗った訳でもないんだが、『ポール・マッカートニー』と『マッカートニー II』、そして、『RAM』のハイレゾ音源に触れる機会があったりで、なにかと、ポールのアルバムを聴くことが多い今日この頃である。

そんな中、最近、Paul McCartney & Wingsの『Wild Life』(写真)を聴いた。このアルバムは、ポールがソロは淋しくて嫌だと感じ、もっと人との繋がりを求めて、そして、久し振りにバンドとしてライブ演奏をしたくなって、「Wings(ウイングス)」というバンドを結成して製作した、つまりは、ポール・マッカートニー&ウイングスのファーストアルバム、なんだけど・・・。

このウイングスのファーストアルバムである『Wild Life』。しかしながら、アルバムタイトルが「ワイルド・ライフ」だからといって、アルバムの作りまでラフにしなくていいのに・・・。

なんといっても、このアルバムの制作過程がひどい。3日間のレコーディングに2週間の編集。いかに優れたグループでも、ファーストアルバムで、この短期間で充実したアルバムを出すことは奇跡に近い。しかも、以前からバックバンドでやってきた、なんていうメンバーじゃないし、いかに、優れたメロディーメーカーのポールでも無理だよなあ。
 
Pc_wings_wild_life

 
1曲目からラストの曲まで、ラフラフな音、音、音。バンドのデモテープを聴いているような感じ。ソロのファーストアルバムであった「マッカートニー」とは、また違ったラフさ。

ファースト・ソロアルバム「マッカートニー」の場合は、まだ、自家録音で、ポール一人で、マニアックに作った、よく言えば、まだ、「手作り」の良さがあった。このアルバムはそれがなく、リスナーを馬鹿にしてんのか、って言いたくなるようなラフさだ。とりわけ、2曲目の「Bip Bop」に至っては、いい加減にせい、と言いたいくらい。

故に、当時、チャートとしてもふるわず、全英11位、全米でベストテンに顔を出した程度。さすがのポールも青ざめたのではないか。しかしながら、じっくりと耳を傾けてみると、のちのウィングスの原型となる音づくりが、そこかしこに見え隠れするのが、せめてもの救い。

しかし、8曲目の「Tomorrow」や9曲目の「Dear Friend」では、まだ、ジョンを揶揄し、ジョンを過剰なまでに意識した曲になっており、まだまだ、ポールは、ビートルズの幻影とジョンの幻影を過剰なまでに感じているのだった。実に無意味なことだし、実に不毛な仕業である。

「希有なメロディーメーカーのポール」を阻害する幻影たちをなんとか払拭するには、あと1枚のアルバムを浪費する必要があったのである。この『Wild Life』は、その浪費する必要があった「あと1枚のアルバム」。

このアルバムの作り込みの酷さを通じて、ポールはその時点で自分の置かれている環境と世間の自分に対す評価を客観的に感じることが出来たのだろう。この『Wild Life』を境に、ポールは従来のメロディーメーカーの資質を取り戻していく。

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« クールでセンシティブなマイルス | トップページ | 人生の深さを悟った「サウザー」 »

コメント

僕は、「Wildlife」、何故かウィングスの作品の中で一番好きですね。
Paulは、徹底的にスタジオワークに凝る緻密なところと、エイヤで仕上げてさっさと
ツアーに出たがる大雑把なところの、二面を持っているようで、
この作品は後者なのでしょうが、個人的にはその粗さが
勢いになっているように思います。

以前とあるMM系の音楽ライターが、「Paulの作曲能力1968年ピーク説」
を唱えていましたが、彼のミュージシャンとしての興味は
クラシックやサウンドコラージュにも及び、
Beatlesの最もとんがったところを先導したのはやっぱり
P師匠だと思ってしまうのです。

またコメントしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/45679393

この記事へのトラックバック一覧です: 酷いラフさの『Wild Life』:

« クールでセンシティブなマイルス | トップページ | 人生の深さを悟った「サウザー」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ