最近のトラックバック

« コルトレーンの迷いと諦め | トップページ | ウエスの未発表音源は玉石混淆 »

2012年6月12日 (火曜日)

続・コルトレーンの迷いと諦め

昨日、このブログで語ったコルトレーンの『Om』が、1965年10月1日の録音。この『Om』には、コルトレーンの迷いと焦りと諦めがギッシリと詰まっているように僕には感じる、と書いた。

神を信ずる、神を頼む道に入る。このアルバムの嘶きの様なブロウを聴けば、さもありなん、と思う、と書いた。

その『Om』の録音の2ヶ月前。1965年8月26日の録音。そのアルバムの名前は『Sun Ship』(写真)。コルトレーンの逝去後、1971年発表のインパルスの未発表の寄せ集めアルバム。

ちなみにパーソネルは、黄金のカルテット、John Coltrane (ts), McCoy Tyner (p), Jimmy Garrison (b), Elvin Jones (ds)。『Om』とは違う。『Om』は、既に黄金のカルテットのみの演奏では無い。コルトレーンの傍らに、ファラオー・サンダースが寄り添っている。オフィシャルなスタジオ音源としては、黄金のカルテットでのラストレコーディングである。

たった2ヶ月の差なのだが、このアルバムは、まだコルトレーンの、観念的ではあるが、ストレートで美しい響きの旋律的なブログが残っている。しかし、そのオーソドックスでコルトレーンらしいストレートなブロウの直ぐ後に、馬の嘶きの様な、激しいアブストラクトでフリーキーなブロウに変化する。

Sun_ship

何故だろう。なぜ、コルトレーンらしい、オーソドックスでストレートなブロウを、わざわざ壊すように、馬の嘶きの様な、激しいアブストラクトでフリーキーなブロウに執心するんだろう。コルトレーンらしさと非コルトレーンらしさが交錯する、どう評価して良いか、思案投げ首状態のアルバムである。

しかし、McCoy Tyner (p), Jimmy Garrison (b), Elvin Jones (ds)のトリオ演奏になると、そんな評価に苦しむ、なんとなく重苦しい内容から、一転、フリージャズ一歩手前の、モーダルで、シーツ・オブ・サウンドな、上質なメンストリーム・ジャズに早変わり。

シーツ・オブ・サウンドを相続したような、まるでコルトレーンのフレーズをピアノに置き換えたかのようなマッコイのピアノ。そのシーツ・オブ・サウンドなピアノの底を支え、隙間を埋めるようなギャリソンのベース。そして、その二人を迎え撃つかのような、エルヴィンのポリリズミックなドラム。

迷いと諦めが漂うコルトレーンと、そんなコルトレーンとは対照的な、コルトレーン・ジャズの伝道師の如く、コルトレーン・ジャズを再現し発展させるバックのトリオ。不思議な対照が魅力的でもあり、問題でもある、どう評価して良いか判らないアルバムである。

ひとつ言えるのは、このアルバムでのコルトレーンは好調とは言い難い。迷いと諦めが交錯する、考え過ぎなブロウが大半を占めて、以前のあの堂々としたコルトレーンは何処に行った、と訝しく思ったりするのだ。

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

 

« コルトレーンの迷いと諦め | トップページ | ウエスの未発表音源は玉石混淆 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/45628322

この記事へのトラックバック一覧です: 続・コルトレーンの迷いと諦め:

« コルトレーンの迷いと諦め | トップページ | ウエスの未発表音源は玉石混淆 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ