最近のトラックバック

« 続・コルトレーンの迷いと諦め | トップページ | このマイルスは単純に格好良い »

2012年6月13日 (水曜日)

ウエスの未発表音源は玉石混淆

僕の中では、ジャズ・ギタリストは一番後回しになったのだが、そんなジャズ・ギタリストの中で、ウエス・モンゴメリーは好みのギタリストの一人だ。遅ればせながら、少しずつ、彼のリーダー作を集めている。

そんな中、今年の3月、ジャズ雑誌を眺めていたら、こんなキャッチ・コピーが目に飛び込んできた。

ウエス・モンゴメリーの未発表音源がCD化!
ウエス・モンゴメリー驚異の未発表音源がついに登場!

もともと「ウエスの未発表音源はもう無い」と言われて久しく、この21世紀の時代になって、ウエスの未発表音源が出てくるなんて思ってもみない。そんなところに、このキャッチ・コピーである。

詳細を読めば、ウエスが有名になる前の演奏、1957〜58年、故郷インディアナポリスでのライブ録音の数々。「どや」と言わんばかりの若さ溢れる覇気ある演奏とある。う〜ん、これは手に入れなあかん、と早速「ポチッ」とな(笑)。

アルバムのタイトルは『Echoes Of Indiana Avenue』(写真左)。ギターを抱えて構えた、若かりし頃のウエスの勇姿をあしらったジャケットは、なかなかの迫力。しかも、格好良い。ジャケットがこんなに良い感じである。内容が期待できる。

Indiana_avenue

と、聴き始めてみたら、ウエスについては、確かに覇気溢れる演奏ではある。テクニックも素晴らしい。しかし、とにかく演奏全体の印象として「荒い」。とにかく荒削りなのだ。ウエスのライブ名盤『フルハウス』の様な熱気溢れる、構成美溢れるライブ録音を期待したのだが、とにかく荒い。

恐らく、バックのリズム・セクションのレベルと質によるところが大きいと思われる。このリズム・セクションだと、フロントのウエスは飛ばすしかない。間をとって溜めて、という柔軟な対応が出来そうもない、走りっぱなしのリズム・セクション。

ウエスは、飛ばしまくって、この超絶技巧なテクニックと「かっとび」疾走フレーズである。どうしても荒くなる。もう少し、余裕と間があればなあ。玉石混淆なライブ盤である。

加えて、録音状態があまり良くない。これがちょっと残念。全体的に良くない。そして、部分的にかなり悪くなるところがあって、これはさすがに、ジャズ者初心者の方にはお勧め出来ませんね〜。

でも、ウエスのファンとしては、ウエスの若かりし頃、覇気溢れる演奏を聴ける、このアルバムは、やはりマスト・アイテム。これだけ、若さの勢いにまかせて弾きまくるウエスは、なかなか他のアルバムで聴くことが出来ませんからね。

ウエス自身のメジャーデビュー後のインタビューで、「インデイアナポリスで演っていた頃の方がもっと巧く弾けていたんだ」と語った、とありますが、この未発表音源ライブ盤を聴けば納得です。

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« 続・コルトレーンの迷いと諦め | トップページ | このマイルスは単純に格好良い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/45641926

この記事へのトラックバック一覧です: ウエスの未発表音源は玉石混淆:

« 続・コルトレーンの迷いと諦め | トップページ | このマイルスは単純に格好良い »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ