最近のトラックバック

« 寛いだジャズ・ピアノの神様 | トップページ | コルトレーンの迷いと諦め »

2012年6月10日 (日曜日)

ハイレゾ音源の『戦慄の王女』

70年代ロックの数々の名盤というアルバムについて、「これが本当の音」で聴いたことが無かった。

70年代ロックをほぼリアルタイムで体験出来たことは素晴らしい経験だったのだが、中学生〜高校生の時代が中心だったので、ステレオという再生装置についても、かなりチープな装置だったし、LPを繰り返し聴くと傷が入ったり、摩耗したりするので、当時はLPを買うと、先ずはカセットテープにダビングして、LPの内容については、基本的にこのカセット・テープの音が中心になる。これでは良い音で聴くことが出来るはずが無い。

加えて、日本盤は基本的に音が悪い。LPの盤質も質を落としたものが多く、英国のオリジナル盤と比べると、盤の厚みが明らかに違う。日本盤の方が「薄い」のだ。LPは厚みがあるほど高音質になる。薄いということは音質が低下するということ。これでは良い音できくことが出来るはずが無い。

つまりは、所有するステレオ装置の問題とLPとして入手する音源の盤質の問題が相まって、今から思うと「何だかなあ」というかなりチープな音で、70年代ロックの数々の名盤を聴いていたことになる。

さて、1980年代に入って、CDの時代になったのだが、これが困ったことに、LP時代に比べて音質が低下した。可聴周波数帯の問題、デジタル録音やマスタリング、リマスタリング等の技術的な問題、再生装置側の物理的な問題等が絡み合って、明らかにLP時代より音が落ちた。しかし、70年代ロックの数々のLP名盤の「これが本当の音」を知らないので、CDはLPより音質が低いなんて間奏は、なんだか迫力の無い感じ方だったと思う。

2000年を迎え、世の中は21世紀に入った。デジタル録音やマスタリング、リマスタリングの技術的な問題は相当改善された。歳をとってそれなりに実入りも増えたので、自らの所有する再生装置についても、それなりの音質の再生装置を所有することとなる。この2〜3年の評価としては、CDの音質はLPと同等になった、と言われる。しかし、やはりどこかが違う。LPの方が、アナログ音源の方が音質が良いと感じるのだ。デジタルはアナログを超えることは無いのか、と思い出した。

そこで、ハイレゾ音源の登場である。この2〜3年の出来事であるが、CDの音質を超える24bit/96kHzなどといったハイ・レゾリューションな音源が世の中に出回るようになってきた。
 

Queen_1

 
録音マイクがかろうじて捉えることができるアーティストの息づかいや、録音スタジオの空気感など非常に細かなレベルの情報が、CDフォーマットの制限である、16bit/44.1kHzへダウンミックスによってカットされること無く、体験できるようになった。理論上、耳に聴こえない周波数帯の音が、音楽を聴く、という上で、そんな影響するのか、と思われる向きもあるが、これがあるのだ。聴いてみれば判る。

そのことが如実に判るアルバム例が、Queenの『Queen I(戦慄の王女)』(写真)。かの伝説のロックバンド、クイーンの記念すべきファースト・アルバムである。このファースト・アルバムについては、70年代、日本盤LPを入手して以来、音の分離が悪いのと、ダイナミックレンジが狭いのとで、どうも、アルバムに収録されている演奏に徹底的にのめり込めない。

というか、音の悪さが原因で、ジョン・ディーコンのベース・ラインや演奏テクニックが良く判らず、ブライアン・メイの独特のファズがかかったエレギの音の分離が悪くて、ブライアン・メイ独特のフレーズが楽しめない。ロジャー・テイラーのドラミングの切れ味が悪くて、リズム&ビートが団子状態、フレディ・マーキュリーのボーカルは深みと奥行きが無く「ペラペラ」という、ある意味、悲惨な音質だった。

この悲惨な音質がCDになっても、なかなか改善されない。リマスタリングの技術が進歩しても、あと一歩の感じがぬぐえない。薄い紗がかかった状態とでも表現したら良いのか。最後の最後の部分がクリアにならない。やっぱりこのアルバムは、もともとマスターテープ自体に問題があったのか、と殆ど諦めていた。

しかし、昨年、USBで提供されたハイレゾ音源の『Queen I(戦慄の王女)』を聴いて、あらビックリ。最後の最後の部分がクリアになって、最新のリマスターCDの音質をあっさり抜き去って、もうこのハイレゾ音源無しに、このアルバムは聴けない(笑)。

このハイレゾ音源によって、ジョン・ディーコンのベース・ラインや演奏テクニックの素晴らしさや、独特のファズがかかったブライアン・メイ独特のフレーズが手に取るように判り、ロジャー・テイラーのドラミングの切れ味鋭く、フレディ・マーキュリーのボーカルは深みと奥行きを増して、実力通りの素晴らしいボーカルを聴くことが出来る。

このハイレゾ音源の威力は凄まじいものがある。このハイレゾ音源の音が、このアルバムの「本当の音」にかなり近いのでは無いか、と感じている。やっと「本当の音」に出会った様な気がしている。 

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 寛いだジャズ・ピアノの神様 | トップページ | コルトレーンの迷いと諦め »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/45601787

この記事へのトラックバック一覧です: ハイレゾ音源の『戦慄の王女』:

« 寛いだジャズ・ピアノの神様 | トップページ | コルトレーンの迷いと諦め »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ