最近のトラックバック

« コルトレーンの最もフリーな盤 | トップページ | Godiegoを覚えているかい・・・ »

2012年5月18日 (金曜日)

清々しい初夏の朝にヴァイブの音

清々しい初夏の朝に、ジャズ・ヴァイブの音が良く似合う。このモットーは、ジャズを聴き始めた遠く35年前から、この初夏の季節になると必ず思い出す。

初夏の雰囲気にピッタリとフィットするジャズ・ヴァイブの筆頭は「Gary Burton(ゲイリー・バートン)」。僕は、このバートンのヴァイブがジャズ者初心者の頃から大好きだ。4本マレットで独特の響きを醸し出すヴァイブは、クラシック的で端正な雰囲気漂い、官能的で流麗。テクニックが優秀なので、速いパッセージでの疾走感が抜群。

この初夏の季節に必ず選択するバートンのアルバムが『Passengers』(写真左)。1976年11月の録音。ちなみにパーソネルは、    Gary Burton (vib), Pat Metheny (el-g), Steve Swallow (el-b), Eberhard Weber (b), Dan Gottlieb (ds)。

パーソネルを見渡すと、まずは、ギターのPat Methenyの名前が目を惹く。このアルバムは、メセニーが、バートンのグループに参加していた頃のアルバムで、最もメセニー色が濃い1枚になる。アルバムに収録の全6曲中3曲、「Nacada」「The Whopper」「B&G (Midwestern Nights Dream)」がメセニーの作曲である。ちなみにドラムのDan Gottliebは、Pat Metheny Group(PMG)の初代ドラマー。当然、この3曲はPMG色が強くなる。

この2〜4曲目のメセニー作曲の3曲を続けて聴くと、その音世界はメセニー色で一杯になる。まず、この雰囲気が、清々しい初夏の朝にピッタリです。
 

Ary_burton_passsengers

 
そして、我がアイドル、チック・コリア作曲の1曲目「Sea Journey」が素晴らし い。この深淵で幽玄で爽快感溢れる名曲を、バートンのヴァイブが弾き紡いでいく。この曲を聴いていると、バートンとチックの相性って抜群なんだな、と感心する。チックの音世界とバートンのヴァイブの音がピッタリとマッチする。特に、この「Sea Journey」は、バートンの為に書いた曲と言って良いほどである。

チック曲にバートンのヴァイブ。このピッタリとしたマッチング感が、これまた、清々しい初夏の朝にピッタリです。

ラス前のEberhard Weber作曲の「Yellow Fields」、そして、ラストのSteve Swallow作曲の「Claude and Betty」になると、欧州ジャズお得意の現代音楽的な、ちょっとフリーキーでアブストラクトな、自由度の高いモーダルな響きの演奏が展開される。これが、また聴き応えがある。硬派なメインストリーム・ジャズとはかくあるべし、って感じの本当に硬派な演奏で、思わず襟元を正して聴き直したりすることしばしば、です。

この少し危険な雰囲気のする、テンションの高い、ちょっとフリーキーでアブストラクトな、自由度の高いモーダルな響きの演奏が、意外と、清々しい初夏の朝にピッタリです。

そして、このアルバムのユニークなところは、Steve Swallow (el-b), Eberhard Weber (b)のダブル・ベース編成。独ジャズの大御所Eberhard Weberの個性溢れるアコベが強烈な印象。エレベのSteve Swallowも独特の音色で対抗。ともすれば、2本のベースが混在して収拾がつかなくなりそうなのだが、そこはテクニック優秀な「強者」の二人。両者とも巧みにそれを回避しつつ、演奏全体の底をしっかりと支えている。

あまり、ジャズのアルバム紹介に名を連ねるアルバムではありませんが、このバートンのアルバムが『Passengers』は、ジャズ者初心者の方々からベテランの方々まで、十分に楽しむ事ができる、良い作品だと思います。特に、欧州ジャズ独特の、クラシック的で端正で現代音楽的なところが好みの方には、是非、一度聴いて頂きたいアルバムですね。 

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« コルトレーンの最もフリーな盤 | トップページ | Godiegoを覚えているかい・・・ »

コメント

楽しく拝見いたしました。私も同じ世代です。
ゲーリーバートンは小曽根真の日本でのデビューアルバムで持っています。
今後時々お邪魔します。

この季節になるとヴァイブの音が恋しくなります。ゲイリーバートン、良いですよねぇ。ご紹介頂いたアルバム、どちらも未聴なので、今度聴いてみようと思います。

マスターが絶不調で大変な思いをなさっていた頃、幾度もコメントさせて頂こうと思ったのですが、こちらもちょっとばかし大変なことになってまして、コメを躊躇してしまっていました。
こちらは取り返しのつかないことになってしまって後悔も何も・・・orz

何よりご自身が大事です!どうかお元気でいて下さい。
マスターがお元気でおられることがご家族はもちろんのこと、マスターの周囲、皆の幸せでもあるのでして・・・。

はじめまして、 あんしん堂さん。松和のマスターです。
 
コメントありがとうございます。同世代のよしみとして、今後ともよろしくお願いします m(_ _)m。
 

yurikoさん、お久しぶりです。松和のマスターです。
 
ゲイリー・バートンはまだまだ元気一杯で、パットとの再会セッションや
コリアとのデュオの新盤など、新作が続いてリリースされています。
初期の作品も手に入れることが出来て、こちらも聴かないとなあ・・・。
やはり、バートンは現代ジャズ・ヴァイブの第一人者
ですね〜。
 
yurikoさんのお話しの中の「取り返しのつかないこと」についてはちょっと
心配ですが、私の体調については、今のところ順調に回復しつつあります。
後遺症も一つ一つクリアし、合併症も今のところありません。まあ、
ちょっと命の危なかった時期もあったので、本格的に回復するには、
後半年位はかかるでしょうか。短気にならずに、しっかりと養生しよう
と心がけています。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/45314194

この記事へのトラックバック一覧です: 清々しい初夏の朝にヴァイブの音:

« コルトレーンの最もフリーな盤 | トップページ | Godiegoを覚えているかい・・・ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ