最近のトラックバック

« P.F.Mと並ぶ「伊プログレの代表格」 | トップページ | 伊ジャズの代表的トランペッター »

2012年5月13日 (日曜日)

ハイレゾ音源の凄まじき音質

最近、ネット・オーディオに懲りつつある。ピュア・オーディオの世界は、5年ほど前、主力のプリメイン・アンプを相当良い物に買い換えて以降、もはや可及的速やかに追求するものが無い、と店じまいしていたが、「Net Audio」という雑誌を発見して、購読を始めて以来、オーディオ熱が再度覚醒。ハイレゾの音源ファイルを基に、再度、オーディオ追求の森に迷い込み始めた。

CDの音質を超える24bit/96kHzなどといったハイ・レゾリューションな音源。実に魅力的だ。既に、ハイレゾ音源については、ビートルズ、クイーンのアルバムについては、USBボックス経由で既に所有している。これが凄い音質なのだ。適応にセットアップしたステレオセットでもこれだけの音がするんだと驚愕するばかりである。

この「Net Audio」という雑誌のお陰で、ハイ・レゾリューションな音源が米国のサイトからダウンロードできることを知り、決済方法を調べつつ、なんとか日本にいても、米国のサイトからダウンロードし、クレジットカードで決済できるようになった。ふふふっ。早速、2〜3枚のアルバムをダウンロードしてみた。

僕の場合、ハイレゾ音源については、1970年代ロックの優れたアルバムについて一番の魅力を感じる。そもそも、1970年代はLPの時代。しかも、僕は中学生〜高校生の時代、譲って大学生の時代だとしても、実のところ、チープなステレオ・セットしか所有していない。1970年代ロックの名盤が、本来、どんなに優れた音で鳴っていたのか、知る由も無かった。  

Carly_simon_no_secrets

そこで、今回のハイレゾ音源である。CDを超える、LP原盤の音に迫る音質である。このハイレゾ音源のお陰で、やっとのことで、1970年代ロックの名盤が、本来、どんなに優れた音で鳴っていたのかが理解出来る様になった。

今日、聴き入っているのは、Carly Simon『No Secrets』(写真左)である。カーリー・サイモンは、米国の女性シンガーソングライター。1970年代、一世を風靡したSSWの女王。日本でも、1972年に、ミック・ジャガーとポール・マッカートニーがバックボーカルで参加した「うつろな愛 (You're So Vain) 」がヒットした(全米では一位を獲得)。

中学生時代、この「うつろな愛 (You're So Vain) 」という曲が大好きだったのだが、この曲をハイレゾ音源で聴くと、目から鱗、こんな音、こんな演奏やったや〜、と思わず、笑みがこぼれ、曲がサビの所に差し掛かると感極まって、目がウルウルする。それくらい、凄まじいリアルな音世界なのだ。少なくとも、CDとは次元が違う音であることは間違い無い。

いや〜、これは暫くはまるなあ。このハイレゾ音源を、自分のピュア・オーディオ装置にどう組み入れて、所有するステレオ・セットで、いかにして、できる限りの最高の音で鳴らすことが出来るか。しばらく、これは「はまる」。それほど、ハイレゾ音源の音は凄い音質なのだ。
 
 
 

大震災から1年。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« P.F.Mと並ぶ「伊プログレの代表格」 | トップページ | 伊ジャズの代表的トランペッター »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/45247190

この記事へのトラックバック一覧です: ハイレゾ音源の凄まじき音質:

« P.F.Mと並ぶ「伊プログレの代表格」 | トップページ | 伊ジャズの代表的トランペッター »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ