最近のトラックバック

« 世界に通用する日本発フュージョン | トップページ | 70年代アート・マニア御用達ライブ »

2012年5月30日 (水曜日)

ハードなアート・ペッパーである

彼は筋金入りの「ジャンキー」。まずは、1950年代に入って彼のキャリアは本格的にスタートしますが、1953年〜1956年の間は、麻薬のために収容所に収監され、活動を中断しました。

加えて、彼は麻薬のために60年代のほとんどで、活動を中断します。そして、1969年〜1971年の間、シナノン収容所でのリハビリを経て、本格的にジャズ界に復帰したのは1975年になってからです。
 
やっとのことで、復帰後は、1982年6月15日に脳溢血で逝去するまで、本格的な演奏活動を継続しました。

その麻薬禍の為に活動を停止した1960年代を境に、1950年代のペッパーと復帰後の1970年代のどちらが良いかといった議論が白熱した時期があります。

確かに、1950年代は、テクニック良く滑らかで流麗なアドリブ・ラインが素晴らしい、柔らかで「閃き」で勝負するタイプの「天才肌」なプレイでした。復帰後の1970年代は、ジョン・コルトレーンに触発された、エモーショナルでフリーキーなアドリブ・ラインに変身。硬派かつハードで「理知的」なプレイにモデル・チェンジしました。

一人のプレイヤーの個性について、1950年代と1970年代のどちらが良いか、などという議論は意味の無い議論だと思いますが、確かに、そんな議論を呼び起こすほど、アート・ペッパーの個性は、1950年代と1970年代とは全く異なり、この異なる時代の対称的な個性は、なかなかに興味深いものです。

しかし、もともと、1960年代の「休眠」に入る前、既に、アート・ペッパーは、硬派でハードなプレイを目指し始めていたのではないか、と思われる節があります。
 

Gettin_together

 
1960年2月に録音された『Gettin' Together』(写真左)。パーソネルは、Conte Candoli (tp), Art Pepper (as, ts), Wynton Kelly (p), Paul Chambers (b), Philly Joe Jones (ds)。当時のマイルス・バンドのリズム・セクションを借りて、米国西海岸で録音されたアルバムです。

このアルバムでのアート・ペッパーのプレイが、実に硬派でハードです。冒頭の「Whims of Chambers」から、ラストの「Gettin' Together」まで、徹頭徹尾、硬派でハードなアドリブ・プレイに終始します。

柔らかさ、流麗さは押さえられ、理知的でハードなプレイを前面に押し出します。マイルス・バンドの三人、Wynton Kelly (p), Paul Chambers (b), Philly Joe Jones (ds)も、徹頭徹尾、硬派でハードなバッキングを貫きます。

選曲についても、硬派でハードな、セロニアス・モンクの「Rhythm-a-ning」などを演奏しており、あのアート・ペッパーがモンクをやったのか、と感心します。そして、流麗なフレーズで攻めるのが定石な、大スタンダード曲「Softly, as in a Morning Sunrise」も、終始、硬派でハードなフレーズで貫き通します。こんなに硬派でハードな「Softly, as in a Morning Sunrise」は、あまり記憶にありません。

このアルバム『Gettin' Together』を聴くと、アート・ペッパーは、硬派でハードなプレイを目指し始めていたのではないか、と思います。そして1960年代の「休眠中」に、ジョン・コルトレーンのスピリチュアルでエモーショナルでフリーキーなインプロビゼーションに接して、スタイルの変化に踏み切ったのでは無いか、と想像しています。

アーティストとして、スタイリストとしてのアート・ペッパーの気持ちが伝わって来るような、『Gettin' Together』はそんな雰囲気に溢れています。アート・ペッパーのアルバムの中で、独特の個性を放っているアルバムとも言えるでしょう。  

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 世界に通用する日本発フュージョン | トップページ | 70年代アート・マニア御用達ライブ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/45471406

この記事へのトラックバック一覧です: ハードなアート・ペッパーである:

« 世界に通用する日本発フュージョン | トップページ | 70年代アート・マニア御用達ライブ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ