« MJQのとても不思議なアルバム | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・28 »

2012年5月23日 (水曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・27

Oscar Peterson(オスカー・ピーターソン)の、有名なライブ音源に「The London House Sessions」というのがある。1961年夏、カナダの「The London House」というレストランでのライブ・セッションです。

この「The London House」というのは、米国はシカゴにあるクラブの名前。そんな「The London House」での、1961年夏のライブ・セッションを記録した「The London House Sessions」。この「The London House Sessions」から、4枚のライブ盤がリリースされている。

その4枚のライブ盤の中で、一番出来が良い、というか、一番内容が良い演奏を集めたライブ盤が『The Trio』(写真左)。このタイトルの『The Trio』が振るっている。邦題も振るっていて「オスカー・ピーターソン・トリオの真髄」。ピアノ・トリオ中のトリオ。そんなニュアンスがビンビンに伝わってくる。

このピアノ・トリオのパーソネルを改めてご紹介しておきたい。Oscar Peterson (p), Ray Brown (b), Ed Thigpen (ds)。ピーターソン率いる「黄金のトリオ」である。向かうところ敵無し、という感じの圧倒的迫力と圧倒的疾走感、圧倒的ドライブ感を持っての凄い内容のピアノ・トリオである。収録された曲は以下の通り。

1.I've Never Been In Love Before
2.In The Wee Small House Of The Morning
3.Chicago
4.The Night We Called It A Day
5.Sometime I'm Happy
6.Whisper Not
7.Billy Boy
 

Oscar_peterson_the_trio

 
軽快ハッピーな「Chicago」、ベニー・ゴルソンの名曲でムーディーな「Whisper Not」。軽快な「Billy Boy」。他の収録曲もピーターソン・トリオの素晴らしい演奏を様々な角度から捉えていて、聴きどころ満載である。

ベーシストのレイ・ブラウンの名人芸的なウォーキング・ベースも素晴らしく、エド・シグペンのドラミングも秀逸。特に、シグペンのドラミングの多彩な音色、リズム&ビートは特筆に値する。ピーターソンの天才的なピアノ・テクニックに応じたドラミングを供給したシグペン。大変だったろうなあ。

このライブ盤は、ジャズ者全ての人に聴いて貰いたい。このアルバムに、ジャズ・ピアノ・トリオの最高峰の姿の一つがある。ジャズ・ピアノ・トリオとはかくあるべし。そんな雰囲気がビンビンに伝わってくる、凄まじい内容のライブ盤である。

文章では正確なニュアンスが伝わらない。とにかく、このライブ盤は一度聴いて頂きたい。言葉で言い表すに適当な言葉が見当たらない位の、素晴らしい演奏の数々がぎっしりと詰まっている。全収録時間は約46分。1曲目の「I've never Been in Love Before」を聴き始めたら、それから目眩くジャズ・ピアノ・トリオの展開。あっと言う間の46分である。

これぞ「ピアノ・トリオ」。このピーターソンの『The Trio』を、この「ピアノ・トリオの代表的名盤」のシリーズに登場させていなかったことは、全く持って不徳の致すところ。謹んで、今回、「ピアノ・トリオの代表的名盤」のシリーズに満を持しての登場です。聴くべし。

 
 

大震災から1年が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
                                        

« MJQのとても不思議なアルバム | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・28 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ・トリオの代表的名盤・27:

« MJQのとても不思議なアルバム | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・28 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー