最近のトラックバック

« 春爛漫の季節にチェットの歌声 | トップページ | 今年のお花見は「しだれ桜」 »

2012年4月 6日 (金曜日)

「黄金のクインテット」の旗揚げ

マイルス・デイヴィスはアコースティックの世界でも、常にジャズ界をリードする「帝王」だった。マイルスはいち早く、ジャズのトレンドを生み出していった。ビ・バップ以降のアコースティック・ジャズのトレンドは、フリー・ジャズ以外、マイルスが先頭を切って開拓していった。

アレンジメントの重要性をいち早く認識したのもマイルスだし、モード奏法にチャレンジし、ジャズとして「演奏出来る形」にしたのもマイルスだ。モードを推し進め、フリー一歩手前の、最大限に自由度の高いインプロビゼーションを実現したのもマイルスだ。

このライブ盤は、1963年4月に録音された『Seven Steps To Heaven』(2012年3月2日のブログ参照)の3ヶ月後に録音された。モードを推し進め、フリー一歩手前の、最大限に自由度の高いインプロビゼーションの実現に向かって進み始めた、マイルスの姿を捉えたライブ盤である。

1963年7月の録音になる。そのライブ盤のタイトルは『Miles Davis In Europe』(写真左)。ちなみにパーソネルは、Miles Davis (tp) George Coleman (ts) Herbie Hancock (p) Ron Carter (b) Tony Williams (ds)。マイルスの「黄金のクインテット」からウェイン・ショーターを差し引いて、代わりにジョージ・コールマンがテナーで参加している。

このライブ盤での演奏は、今の耳で聴いても斬新な響きがする。このライブ盤の時点で、既に、モード奏法をベースに自由度の高いインプロビゼーションを既に実現しつつあるところは「驚き」である。まず、マイルスのトランペットのインプロビゼーションのフレーズが実に斬新であり、実に先進的である。今の耳で聴いても先進的な響きがするとは、さすが「帝王」マイルスである。

Miles_in_europe

その斬新な響きは、バックのリズムセクションの仕業でもある。ピアノのハービー、ベースのロン、ドラムのトニー、この3人のリズムセクションのリズム&ビートは、これまた、今の耳で聴いても斬新な響き。そして、実に自由度の高いリズム&ビートが素晴らしい。まだまだ発展途上という雰囲気ではあるが、それでも、今のジャズ界にも通用するモーダルな演奏レベルを既に保持していることが驚き。

ちなみに、なにかとマイナスの話題として挙がるコールマンのテナーについては、世間の評判通りと言わざるを得ないなあ。なぜ、この時点でテナーはコールマンだったのか。今でも疑問が残る。

マイルスを筆頭に、ハービー、ロン、トニーの、モード奏法をベースにした、自由度の高いインプロビゼーションのレベルと比べると、コールマンのテナーは、特にインプロビゼーションのイマージネーションの面において数段劣る。単純に「シーツ・オブ・サウンド」を吹きまくっている「小コルトレーン」という趣のテナーは「平凡」。

マイルス・バンドとしては、手垢のついた感のあるスタンダード曲「Autumn Leaves」「All Of You」「Walkin'」や十八番の「Milestones」が、 モード奏法をベースにした、自由度の高いインプロビゼーションによって、まるで新しく作曲された曲の様に響き渡る。そして、その演奏の疾走感と高揚感、爽快感は、今でもこの時代のマイルス・バンドだけが保有する唯一無二な個性。

ジャケット・デザインが平凡で損をしている。内容的にはアコースティック・マイルスの佳作として、もっと聴かれるべき作品だと僕は思う。ちなみに、僕はこのアルバム、好きです。

 
 

大震災から1年。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 春爛漫の季節にチェットの歌声 | トップページ | 今年のお花見は「しだれ桜」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/44781180

この記事へのトラックバック一覧です: 「黄金のクインテット」の旗揚げ:

« 春爛漫の季節にチェットの歌声 | トップページ | 今年のお花見は「しだれ桜」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ