« 「春」にチェットのボーカル | トップページ | 最後の「黄金のカルテット」 »

2012年4月18日 (水曜日)

「春」のビル・エバンス

春が来ると、春の雰囲気にあったジャズのアルバムを聴くようになる。30年来、ジャズを聴き続けて来て、お気に入りのアルバムの中から、春の雰囲気にあったアルバムを探したりする。いや、30年もの間、ジャズを聴き続けているのだ。春の雰囲気にあったアルバムは既に頭の中にある。

ジャズ・ピアニストの中で、一番のお気に入りは、と問われれば、「ビル・エバンス」と答える。現代ピアノ・トリオの祖、ビル・エバンスは、ジャズを聴き始めた頃からの「お気に入り」。リリカルで美しく流れるようなフレーズを、「間と緩急」を活かした奏法で紡ぎ上げていく。そんなビル・エバンスのピアノは、ジャズ・ピアノの表現の中でも「極上」のものである。

そんなビル・エバンスのアルバムの中から、「春」のビル・エバンス、「春」によく聴くアルバムはと言えば、なぜか『Interplay』(写真左)。

1962年7月の録音。ちなみにパーソネルは、Freddie Hubbard (tp), Bill Evans (p), Jim Hall (g), Percy Heath (b), Philly Joe Jones (ds)。ビル・エバンスがリーダーのクインテット編成である。

冒頭の「You And The Night And The Music(あなたと夜と音楽と)」の、良くアレンジされた演奏の雰囲気が、なぜが「春」を連想させる。 フレディ・ハバードのトランペットは光り輝くような音を振りまき、ジム・ホールのギターは柔らかで優しいフレーズでじんわりと心を振るわせる。フィリー・ジョーのドラムは、メリハリ良く、バシッバシッと気合いを入れるようにビートを刻み、ヒースのベースは堅実に演奏の底を支え続ける。

Bill_interplay

クインテット一体となった音が、なんだか「春」という雰囲気にピッタリ、というか、「春」という雰囲気の中で流れるのにピッタリと言ったら良いのか。この「あなたと夜と音楽と」一発で、「春」のビル・エバンス、という感じにピッタリ填まる。

そして、2曲目の有名曲「When You Wish Upon A Star(星に願いを)」のバラード演奏が絶品。ちょっとアンニュイな雰囲気漂う名演で、ジム・ホールの気怠い柔らかな音が実に「春」らしい雰囲気を醸し出す。ハバードも抑制したペットを聴かせて、決して熱くならない。そして、ビル・エバンスの「間と緩急」を活かしたインプロビゼーションは、墨絵を愛でるが如く、淡い音の濃淡が素晴らしい陰翳を見せて、春の霞の中、遠くに山の風景を見るような、素晴らしい展開に惚れ惚れする。

良くアレンジされ、ほどよくコントロールされた、柔らかでアンニュイな「星に願いを」。これは、大人の「星に願いを」である。

溌剌とした、明るい演奏の「I'll Never Smile Again」も、実に「春」にピッタリの演奏で惚れ惚れする。クインテットのメンバーそれぞれのソロは、いずれも実にポジティブ。メンバー全員が溌剌としたインプロビゼーションを繰り広げる。この溌剌さは眩しいばかり。「春爛漫」という言葉がピッタリな「I'll Never Smile Again」。

ビル・エバンスのピアノ・トリオに、テクニシャンのトランペッターのハバードと、いぶし銀の様な職人ギターのホール、この二人が参入して、演奏全体がポジティブになり、演奏全体に溌剌さが漲る。そして、ビル・エバンスの「間と緩急」を活かしたインプロビゼーションは、淡い音の濃淡が素晴らしい陰翳を見せて、幽玄な、変幻自在な音の展開を聴かせてくれる。

「春」のビル・エバンス。僕にとっては、まずはこの『Interplay』で決まり、である。

 
 

大震災から1年。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 「春」にチェットのボーカル | トップページ | 最後の「黄金のカルテット」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「春」のビル・エバンス:

« 「春」にチェットのボーカル | トップページ | 最後の「黄金のカルテット」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー