« 「黄金のクインテット」の旗揚げ | トップページ | 懐かしの「Wishbone Ash」 »

2012年4月 7日 (土曜日)

今年のお花見は「しだれ桜」

今年のお花見は、市川市の真間山弘法寺に行って来ました。真間山弘法寺は、行基菩薩や弘法大師の建立伝説のある、伏姫桜と呼ばれる樹齢推定400年のしだれ桜が有名な名刹。伏姫桜の他にも約200本の桜があるそうです。

今日は久し振りに天気の良い週末でしたが、ちょっと北風が冷たい。ウインドブレーカーを羽織っての外出でしたが、それでもなんとなく肌寒かったですね〜。これだけヒンヤリしているのですから、お目当てのしだれ桜も、まだ満開じゃないんだろうなあ〜、と5〜7分咲きを想定しつつ市川へ。

R0011155_3

JRの市川駅から真間山弘法寺へ真っ直ぐに続く門前通りは、その入り口が市川駅からはとても判り難く、しっかりと駅前の地図などを確認して行くことをお勧めします。方向音痴の気がある方だと、しっかり迷うと思います。その門前通りも狭くて、人出が多いととても歩きにくい。市川の街中ってどこもそうですから、仕方が無いですね。

お寺の入り口は、とても急な階段で登るのにも降りるにも骨が折れます。高校生でも息が上がっていたみたいですから、僕達みたいなおじさん、おばさんにとっては結構辛い。息も絶え絶えに登り終えました(笑)。

R0011114_3

伏姫桜と呼ばれる樹齢推定400年のしだれ桜は、さすがに実際に見て立派なものでした。実際に目の当たりにすると、結構、迫力があります。今日は、5〜7分咲きを想定していましたが、なんと行ってみたら満開でした。これは、今年の桜は来週の週末まではもたないですね。週末としては明日がラスト・チャンスでしょうか。

京成電鉄の市川真間駅の周辺は古い街並みが残っており、桜もあちらこちらに咲き乱れています。真間川沿いの桜も綺麗でした。やはり桜は良いですね。桜は、春の「華やかさ、儚さ、寂寞感、そして狂気」を一気に感じさせてくれます。今年は満開の時期に当たって、ラッキーなお花見散歩でした。

R0011183_3

森山直太朗の「さくら」を口ずさみながらの、市川真間周辺のブラブラ歩き。去年11月に緊急入院して、一瞬命の危険を伴ったが故に、今年の桜には、今までに無い「万感な想い」を感じましたね〜。

とりあえず健康であるということは、何にも代えがたい事だということ。あの危機的状況からよくぞ復帰したと思います。お世話になったお医者さん、看護師さん、そして嫁はんに感謝感謝。

 
 

大震災から1年。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« 「黄金のクインテット」の旗揚げ | トップページ | 懐かしの「Wishbone Ash」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年のお花見は「しだれ桜」:

« 「黄金のクインテット」の旗揚げ | トップページ | 懐かしの「Wishbone Ash」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー