« Stevie Wonderの「最初の成果」 | トップページ | 「春」はジャズ・ボーカルの季節 »

2012年4月15日 (日曜日)

待望の「東京ワシントンクラブ」

僕の高校時代、井上陽水と言えば、叙情派フォークの代表の様なイメージだった。「心もよう」「人生が二度あれば」「傘がない」「つめたい部屋の世界地図」「夏まつり」「神無月にかこまれて」「紙飛行機」「能古島の片想い」などが人気で、感傷を強調した、アコースティック・ギター中心のフォーキーな世界が受けていた。

けど、僕が気に入った陽水は、そんな叙情派フォークな陽水では無く、ロックのリズムをベースとした、フォーク・ロックなビートを効かせた曲の方が、僕はお気に入りだった。例えば「感謝知らずの女」とか「断絶」「氷の世界」「東へ西へ」「夜のバス」がお気に入り。

井上陽水は叙情派フォークの人と一般には評価されていたが、意外とロックな演奏を初期の頃からしている。僕は、そんなロックな陽水が好きで、フォーク好きな周りの常識的な友人達とは全く話が合わなかった。

1976年12月、井上陽水のライブ盤がリリースされる。タイトルは『東京ワシントンクラブ』(写真)。正確には、この「東京ワシントンクラブ」は、当時の陽水の「GOING ONツアー」のライブ音源と、陽水の自宅スタジオ「東京ワシントンクラブ」でのスタジオ録音の作品が2曲入っている、変則ライブ盤である。

スタジオ録音は、LP時代、A面のラスト、5曲目の「あかずの踏切り'76」と、B面の1曲目「東京ワシントンクラブ」の2曲。
 
「あかずの踏み切り‘76」は、「もどり道」のそれでも、「氷の世界」のそれでもなく、米国西海岸ロック風の、流れるようなメロディラインを持った、爽やかな曲に大変身している。これには当時戸惑った。「東京ワシントンクラブ」は、「My House」や「アジアの純真」に通じる、陽水独特の語呂あわせのような歌詞が特徴で、これは陽水らしくて当時からお気に入りだ。

Tokyo_washington_club

そして、この変則ライブ盤『東京ワシントンクラブ』の目玉は、残りの9曲のライブ音源である。「氷の世界」「かんかん照り」「御免」などは、叙情派フォークの雰囲気など微塵も無い、完全に「ロック」である。

叙情派フォークな雰囲気を漂わせている「ゼンマイじかけのカブト虫」や「小春おばさん」についても、ハードな演奏内容で、叙情派フォークな「感傷」は微塵も無い。ロックな陽水が好きだった僕にとっては、これは「痛快」だった。ラストの「夜のバス」など圧巻の一言。陽水の力感溢れるボーカルと完全にロックな演奏は「まさに圧巻」である。

しかし、このライブ盤、録音状態はイマイチで、はっきり言って音は悪い。アルバムとしても、かなり「やっつけ」で作られた感が強く、一般には、なかなか受け入れられないでしょうね。でも、録音状態は悪くても、このロックな陽水のライブは実に魅力的です。

実はこのライブ盤は、陽水のアルバムの中で、唯一CD化されていない、アナログ音源だけのライブ盤です。僕は、当時、FMからのエアチェックで部分的にコレクションしつつ、カセットにまとめ上げ、学生時代はこのカセットを愛聴していました。

そう言えば、なぜか、スタジオ録音の「東京ワシントンクラブ」と「あかずの踏み切り‘76」の2曲と「ゼンマイじかけのカブト虫」と「小春おばさん」のライブ音源が欠落していました。それでも、ライブ音源部分の7曲はなんとかキープできて、僕にとって「お宝テープ」でした。

LP時代に買いそびれてしまい、まあそのうちCD化されると、たかをくくっていたんですが、全くCD化の気配が無い。半ば諦め基調だったのですが、今回、ひょんなことから、デジタル音源の入手が実現。実に嬉しかった。早々にリッピングして、iTunesでアルバム形式に編集して、立派にアルバムを復元できました。

この『東京ワシントンクラブ』というライブ盤には、当時の「ロックな陽水」がしっかり記録されています。リマスターを前提として、CD化が望まれる一枚だと思いますが如何でしょうか。

 
 

大震災から1年。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« Stevie Wonderの「最初の成果」 | トップページ | 「春」はジャズ・ボーカルの季節 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待望の「東京ワシントンクラブ」:

« Stevie Wonderの「最初の成果」 | トップページ | 「春」はジャズ・ボーカルの季節 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー