最近のトラックバック

« 懐かしの「Wishbone Ash」 | トップページ | 春にスイングジャズは良く似合う »

2012年4月 9日 (月曜日)

日本のクロスオーバー・ジャズ

日本のジャズ・ロックって、どうなっていたんだろう、という疑問がふと湧いた。欧米のジャズ界では、1960年代後半から1970年代前半、ファンキー・ジャズからジャズ・ロックへの移行、そして、ロック・ビートとの融合として、クロスオーバー・ジャズの時代。当時、日本のジャズ・シーンでは、どういう展開になっていたんだろう。

ここに、渡辺香津美の『Endless Way(エンドレス・ウェイ)』(写真)というアルバムがある。1975年7月、渡辺香津美が21歳の時に録音したサード・アルバムである。ちなみにパーソネルは、渡辺香津美(g)、井野信義(b)、倉田在秀(ds)、向井滋春(tb)、土岐英史(ss)。純日本のメンバー編成である。

全4曲とも渡辺香津美のオリジナル。その音はと言えば、当時、渡辺貞夫が推進していたアフリカン・ネイティブな響きを踏襲したワールド・ミュージック的なフュージョンと、ディストーションのかかったギターでのロック・テイストなクロスオーバー・ジャズが混在した音世界。明らかに、日本ジャズのリーダー渡辺貞夫と、当時のラリー・コリエルのイレブンス・ハウスやジョン・マクラフリンのマハヴィシュヌ・オーケストラを意識した音作り。

実に興味深い。当時の日本のクロスオーバー・ジャズは、グローバルな観点で聴くと、英国と同様、ロックとジャズの境目が曖昧。というか、1975年時点での日本のクロスオーバー・ジャズは、英国のラリー・コリエルやジョン・マクラフリンを意識し、十分に対抗しうる、高度な演奏スキルと作曲能力を身につけていた。
 

Kazumi_endless_way

 
3曲目のタイトル曲「Endless Way」などは、ジャズというよりはロックである。バックのリズム・セクションのリズム&ビートがジャジーなので、辛うじてジャズ的な雰囲気を宿してはいるが、渡辺香津美のギターは、尖ったロックそのものである。ジェフ・ペックと対抗し得る、ハイテクニックなギター・インスト。ジャジーな雰囲気が色濃い分、ジェフ・ベックよりもアカデミック。若き日の渡辺香津美の凄さが良く判る。

冒頭の「オン・ザ・ホライゾン」の前奏のリリカルなアコギは、すぐ後にトレンドとなるフュージョン・ジャズの響きを宿しており、当時の日本クロスオーバー・ジャズ・シーンの先取性を感じる事が出来る。

しかし、1975年当時、日本のジャズ・シーンでは、電気楽器に対しては「つれなく」、電気楽器は異端として扱われていた。加えて、日本ではまだまだ電気楽器については高価であり、電気楽器自体も楽器として成熟してはいなかった。日本のジャズ・シーンでのエレクトリック・ジャズの受けは良くなく、日本でもインスト中心のロック・バンドは数えるほどしかなかった。

そんな厳しい環境の中で、日本のクロスオーバー・ジャズは、ラリー・コリエルやジョン・マクラフリンなどに代表される、アート性を追求する英国のクロスオーバー・ジャズに十分に対抗しうる、高度な演奏スキルと作曲能力を身につけていた。なんだか、日本人として、ちょっと誇らしい話である。

 
 

大震災から1年。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« 懐かしの「Wishbone Ash」 | トップページ | 春にスイングジャズは良く似合う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/44817310

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のクロスオーバー・ジャズ:

« 懐かしの「Wishbone Ash」 | トップページ | 春にスイングジャズは良く似合う »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ