最近のトラックバック

« 今年のお花見は「しだれ桜」 | トップページ | 日本のクロスオーバー・ジャズ »

2012年4月 8日 (日曜日)

懐かしの「Wishbone Ash」

さて、我が「ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ」の週末の土曜日と日曜日は、70年代ロック&Jポップの日。今日は、英国の伝説的ロック・バンド、ウィッシュボーン・アッシュのお話しを・・・。

ウィッシュボーン・アッシュ(Wishbone Ash)は英国系のロックバンド。結成は1969年。1970年にバンド名と同タイトルのアルバムによってデビューし、翌年のメロディ・メーカー誌のブライテスト・ホープ部門にてNo.1に選出され、一躍その名を知られる事となる。何と言っても、ウィッシュボーン・アッシュの特徴は「ツインリードギター」のバンドスタイル。

ウィッシュボーン・アッシュのツインリードギターと言えば、アンディ・パウエルとテッド・ターナー。このツインリードギターは、プログレッシブ・ロックやフォーク・ロック、そして、クラシックに強い影響を受けている。この二人のツインリードギターは実に印象的でメロディアスなフレーズを有しており、当時「世界一美しい音を出すバンド」として高い評価を受けていたのも頷ける。

このツインリードギターの音色が凄く魅力的で格好良い。メロディアスで耳に心地良いハーモニーには惚れ惚れする。バンドとしての演奏力も高く、実に聴き応えのあるアルバムを幾枚もリリースしていた。僕は、このウィッシュボーン・アッシュというバンドが大好きでした。

1970年代半ば、僕が高校生だった頃、ロックバンドのコピーと言えば、いの一番はディープ・パープルで圧倒的な人気を誇っていました。続いて、コピーのし易さから、グランド・ファンク・レイルロード(GFR)。とにかく、ディープ・パープルのコピー人気は圧倒的でしたね〜。しかし、ディープ・パープルもGFRも、ちょっと音楽的にシンプル過ぎて、当時、僕は好きじゃなかった。

ウィッシュボーン・アッシュの、プログレッシブ・ロックやフォーク・ロック、そして、クラシックに強い影響を受けた音作りは、実にアーティスティック。ロックのコピー・バンドの中でも、ちょっと「ハイソ(High Society)」で垢抜けた連中がいち早くコピーしていて、音楽の判る連中から一目置かれていた。ハイソなロック好きの女の子達にも人気があったなあ(笑)。

Wishbone_ash_bbc

確かに、ウィッシュボーン・アッシュのコピーをしていて、演奏が決まった時の快感は素晴らしいものがある。例えば、ツインリードギターの間奏フレーズ部分だけ、ギター2本でピタッと決まれば、それはそれで快感だった(笑)。それほど、ウィッシュボーン・アッシュのツインリードギターは実に印象的でメロディア スなフレーズを有している。

Wishbone Ashの『BBC Radio One Live in Concert』(写真左)を聴けば、そのツインリードギターの魅力とウィッシュボーン・アッシュというバンドの演奏力の高さが実感できる。1972年にBBCで行われたライヴの模様を収録したものなんだが、1972年といえば、名作『Argus』が発表された年。収録されたそれぞれの曲の内容も充実していて、かなり聴き応えがある。収録された曲は以下の通り。

1. Blowin' Free
2. Time Was
3. Jailbait
4. The Pilgrim
5. Warrior
6. Throw Down The Sword
7. The King Will Come
8. Phoenix

細かく聴けば、スタジオ録音と比べれば、演奏の粗さは否めない。でも、ライブ独特の熱気と疾走感がある。その熱気の中で、アンディ・パウエルとテッド・ターナーのツインリードギターが炸裂する。

ウィッシュボーン・アッシュの初期の名曲がズラリと並ぶが、ちなみに、このBBC出演は、当時の新盤『Argus』のプロモーションの一環で、『Argus』からのナンバーが、ライブ盤の全8曲中5曲を占めるは、そういう背景から、とのこと。

実は、本作は音は良いのであるがモノラル仕様である。恐らく、このライブ盤のもともとのマスターはステレオで録音されたもののはずで、本作に使われた音源はオリジナルではない可能性が高い。

それでも、このライブ盤は、当時のウィッシュボーン・アッシュのライブ演奏力の高さを証明してくれるもので、当時のウィッシュボーン・アッシュは、このライブ盤レベルの演奏を平均的にやっていた、ということ。やはり、1970年代の伝説のバンドの演奏力は相当に高いものがあったんやなあ。このライブ盤を聴く度に、様々な「万感な想い」が心の中を去来する。

 
 

大震災から1年。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

 
                                       

« 今年のお花見は「しだれ桜」 | トップページ | 日本のクロスオーバー・ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/44802772

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの「Wishbone Ash」:

« 今年のお花見は「しだれ桜」 | トップページ | 日本のクロスオーバー・ジャズ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ