最近のトラックバック

« ロリンズがフリーに近づいた瞬間 | トップページ | PMGの「最初の成熟」を聴く »

2012年3月15日 (木曜日)

RCA時代ロリンズ「傑作の一枚」

RCA時代のロリンズは、一部の評論で言われるほど悪くは無い。というか、二度目の雲隠れから復帰したばかりで、テクニックも歌心もグレードアップしている。悪かろう筈が無い。しかし、諸手を挙げての「五つ星」という感じでは無い。やや難ありの「四つ星」の線なのだ。これがなかなか悩ましい。

な〜んて、勿体ぶった物言いをしているが、RCA時代のリーダー作の中で、このアルバムは良い。このアルバムのロリンズは諸手を挙げての「五つ星」。そのアルバムの名は『What's New ?』(写真左)。しかし、このアルバム、収録された曲について、押さえておきたい事情がある。ちょっとまとめると、このアルバム『What's New ?』のオリジナル原盤の収録曲目は、以下の通りである。

A面
1. If Ever I Would Leave You
2. Jungoso
B面
3. Bluesongo
4. The Night Has a Thousand Eyes
5. Brownskin Girl

しかし、CDの収録曲は以下の通り。CDの2曲目「Don't Stop The Carnival」がLP時代のオリジナル原盤には無い。

1. If Ever I Would Leave You
2. Don't Stop The Carnival
3. Jungoso
4. Bluesongo
5. The Night Has A Thousand Eyes
6. Brownskin Girl

CDに収録されている「Don't Stop The Carnival」はカリプソ調の楽しい曲ではあるが、オリジナルのラスト「Brownskin Girl」もカリプソ調の楽しい演奏で、こちらの「Brownskin Girl」の方が演奏の内容が良い。

Rollins_whats_new

つまりは「Don't Stop The Carnival」の追加収録は「蛇足」ということになる。ということで、ここでは、オリジナル原盤の「Don't Stop The Carnival」抜きの5曲で、ロリンズのRCA時代の傑作『What's New ?』を語ってみたい。 

さて、この『What's New ?』というアルバムは、1962年の4月〜5月、4回に分けられて収録されたセッションの寄せ集め。期間的には、約1ヶ月半の間に4回のセッションなので、演奏内容についての統 一感は維持されている。ちなみにパーソネルは、Sonny Rollins (ts), Jim Hall (g), Bob Cranshaw (b), Ben Riley (ds), Dennis Charles, Frank Charles, Willie Rodriguez (per)。3人のパーカッションが、このアルバムのアクセント。

この『What's New ?』に収録された曲は長尺の演奏が多く、特に、LP時代にA面を占めていた「If Ever I Would Leave You」と「Jungoso」の2曲は10分を超える長尺演奏であり、ロリンズのテナーを心ゆくまで楽しめる。特に「Jungoso」は実にモーダルな演奏で、ついつい聴き入ってしまう。モーダルなロリンズ。こんなにモーダルな演奏を自家薬籠中のものにするなんて、さすがはロリンズ、と喝采の声を上げたくなる。

2度目の雲隠れの時、テナーの技術研鑽に勤しんだ効果満点で、この10分を超える長尺の2曲でのロリンズのテクニックは抜群である。様々な奏法、様々なテクニックを聴かせてくれて、とにかく迫力満点である。この冒頭の2曲のロリンズのインプロビゼーションには圧倒される。

3曲目の「Bluesongo」は、ロリンズとパーカッションのデュオ。テンション溢れる力強い演奏が素晴らしい。4曲目の大スタンダード「The Night Has A Thousand Eyes」についてはシンプルなアレンジが、ロリンズやホールの演奏を惹き立てて、実に豪気な、実に豪快な演奏である。

そして、ラスト「Brownskin Girl」は、ロリンズお得意の「大カリプソ大会」。謎の陽気なコーラス隊が先導し、とにかく楽しいのなんのって、僕もカリプソが大好きなんで、この曲を聴いて、ついつい踊り出してしまうこともしばしば(笑)。このカリプソナンバーでも、ロリンズはテナーを吹きまくる。それはそれは、とても楽しそうに吹きまくる。

RCA時代のロリンズは、やや難ありの「四つ星」の線が多いのだが、この『What's New ?』は傑作の「五つ星」。2度目の雲隠れからの復帰作であった前作の『The Bridge』と合わせて、この『What's New ?』は、RCA時代のロリンズの傑作である。とにかく痛快。豪快で歌心溢れる、ハイテクニックを併せ持ったロリンズのインプロビゼーションが心ゆくまで楽しめる2枚である。

 
 

大震災から1年。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« ロリンズがフリーに近づいた瞬間 | トップページ | PMGの「最初の成熟」を聴く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/44507161

この記事へのトラックバック一覧です: RCA時代ロリンズ「傑作の一枚」:

« ロリンズがフリーに近づいた瞬間 | トップページ | PMGの「最初の成熟」を聴く »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ