« MJQの本質を感じられるアルバム | トップページ | こんなアルバムあったんや・10 »

2012年3月20日 (火曜日)

ペトルチアーニのソロ・ピアノ

僕のお気に入りのジャズ・ピアニストの一人、Michel Petrucciani(ミシェル・ペトルチアーニ、愛称ペト)。ビル・エバンス、チック・コリアに次いでのお気に入り。

ペトのピアノはポジティブ。「胸の空くような」スカッとする、爽快感抜群のピアノ。ペトの硬質な叩くような、それでいて耳障りにならないピアノ・タッチ、超絶技巧にとても回る右手と左手。歌心抜群の歌うようなフレーズ、ちょっとラテンチックで翳りのある響き。ペトのピアノの特徴は、素直にどれもが心に響く。

そんなペトがソロ・ピアノにチャレンジしたアルバムがある。ソロ・ピアノへの2度目のチャレンジになる『Promenade With Duke』(写真左)。1993年の録音。ソロ・ピアノのチャレンジに、デューク・エリントンにまつわる楽曲を持ってきたところに、ペトの心意気と高邁なチャレンジ精神を感じる。

このソロ・アルバムでのペトのタッチは、いつになく力強いタッチが印象に残る。タッチが強いとは言え、決して、耳につくことはなく、ポジティブにキラキラと輝く様な硬質なタッチは、聴く耳に爽快な印象を残してくれる。リズムを打つ左手と踊るような右手が、素晴らしく高度なテクニックと共に乱舞する。溜息が出るような素晴らしさ。

収録されたデューク・エリントンにまつわる楽曲は以下の通り。デューク作の超有名曲がずらりと並ぶ。

1 Caravan
2 Lush Life
3 Take the A Train
4 African Flower
5 In a Sentimental Mood
6 Hidden Joy
7 One Night in the Hotel
8 Satin Doll
9 C Jam Blues
 

Promenade_with_duke

 
どの楽曲もどっぷりと「デュークの世界」である。既に「ジャズ・スタンダード」として君臨している楽曲の中に、4曲目の「African Flower」や曲目の「Hidden Joy」や7曲目の「One Night in the Hotel」など、デュークを良く知るものならではの選曲が実に「にくい」。この「ならではの選曲」が実に良い。実に良い内容なのである。

既に「ジャズ・スタンダード」として君臨している楽曲については、ペトはひと工夫もふた工夫もしていて、新しい解釈とアレンジを加えている。そして、これがしっかりと成果を出している。ただでは終わらせない。平凡では終わらない。ペトのアレンジメントの才能を強く感じる。

このソロ・アルバムでのペトは、デューク・エリントンにまつわる楽曲を、それまでの過去の成果を忠実になぞるのではなく、ペトの個性をベースにペトとしての解釈とアレンジを持って、デュークの楽曲と対峙する。
 
デュークの楽曲の持つ独特のスイング感を左手で再現しながらも、右手の旋律はほのかにロマンチシズム漂うもの。このロマンチシズムの芳香はペトならではの解釈と感じる。 

打弦の力強さは、ペトとデュークのピアノの共通点。そして、ロマンチシズムの芳香はペトならではのもの。ペト自身、最も影響を受けたピアニストと言っていたデュークのピアノを敬意をもって再現しつつ、ペトの個性を漂わせて、このピアノ・ソロで固められた「デューク・エリントン楽曲集」は独特の輝きを放つ。

素晴らしいソロ・アルバムだと思います。ペトの個性が全開。ペトのアレンジの才能も全開。ロマンチシズムを漂わせながら、ピアノを「鳴らし切っている」その力強いタッチでの「デュークの世界」は素晴らしい。もっと評価されて然るべき、ピアノ・ソロの名盤です。

 
 

大震災から1年。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« MJQの本質を感じられるアルバム | トップページ | こんなアルバムあったんや・10 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペトルチアーニのソロ・ピアノ:

« MJQの本質を感じられるアルバム | トップページ | こんなアルバムあったんや・10 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー