最近のトラックバック

« ペトルチアーニのソロ・ピアノ | トップページ | ヤヘルの静的でクールなオルガン »

2012年3月21日 (水曜日)

こんなアルバムあったんや・10

今日は「こんなアルバムあったんや」シリーズの第10回目、現代ジャズにおける「ビートルズ・カバー」の変わり種なアルバムをご紹介しましょう。

この「こんなアルバムあったんや」シリーズは、ジャズの企画盤、珍盤、キワモノ盤など、手にして聴いて、思わず「こんなアルバムあったんや〜」と喝采の声をあげたくなるようなアルバムをご紹介しています。右のカテゴリーの「こんなアルバムあったんや」をクリックすると過去にご紹介したアルバムのブログ記事をご覧頂くことが出来ます。

さて、『Bob Belden Presents, Strawberry Fields』(写真)という企画もののアルバムがある。実力派ジャズシンガー達が、それぞれの曲のボーカルを担当した、ジャズを強く意識し、アカデミックな香りのする「ビートルズ・ジャズ」。1996年4月の録音。

収録曲と担当ボーカリストは以下の通り。

1. Come Together / Cassandra Wilson & Dianne Reeves
2. Strawberry Fields Forever / Cassandra Wilson
3. Tomorrow Never Knows / Dianne Reeves
4. I'm Only Sleeping / Holly Cole
5. Get Back / Jahlisa with Junko Onishi
6. The Fool On The Hill / Dianne Reeves with Javon Jackson
7. I've Just Seen A Face / Holly Cole
8. Hey Jude / Jahlisa with Greg Osby
9. Lady Madonna / Penny Ford
10. Let It Be / Sylvia Shemwell

ボーカルを担当する実力はシンガーは、カサンドラ・ウイルソン、ダイアン・リーブス、ホリー・コールとそうそうたるメンバー。このアルバム全体を取り仕切り、アレンジを取り仕切るのは、ボブ・ベルデン。いままで、スティングの曲や、プリンスの曲をジャズにアレンジした作品集を出して、評価を得ている。僕も、スティングの作品集も持っているが、なかなかの内容で、聴かせるアルバムだ。 
 
Bob_berden_strawberry_fields
 
ロックのジャンルの曲は、ジャズにアレンジすると、へたな軽音楽みたいになることが「ままある」が、これはアレンジとそれを演奏するミュージシャンの力量に負うところが大きい。つまり、アレンジがしっかりしていないと、どんなに力量のあるミュージシャンが演奏しても、へたな軽音楽になってしまうということ。そういう観点からみると、このアルバムは安心して聴くことの出来るアルバムと言える。

選定された曲を見ても、その内容が想像できる。ほとんどの曲が、あまり、ジャズ・ミュージシャンに取り上られていない曲ばかりで、「どーなるのか」的な曲ばかり。しかし、そんな心配はご無用。
 
「Come Together」は、原曲よりも渋くて格好良いし、「Strawberry Fields Forever」は、そもそもジャズにはならん、と思っていたので、カサンドラ・ウィルソンの熱唱と相まって素晴らしい出来で脱帽もの。「I've Just Seen A Face(夢の人)」は、ジャズにアレンジしたらこんな曲になるのか、と感心。ホリー・コールも素晴らしい。

しかしながら、このアルバムは、ビートルズの曲から見て、ややマニアックであり、ビートルズのファンでないと、その曲のメロディが思い浮かばない曲もあるだろう。でも、レノン=マッカートニーの曲は、メロディーラインがしっかりしていて魅力的なので、原曲を知らなくても、純粋なジャズとして楽しめる。

1980年代以降、ロックの楽曲をアレンジ〜カバーした企画ものには侮れないものが多くあって、この手の企画ものの密やかなファンである私にとっては、実に結構なことである。

 
 

大震災から1年。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« ペトルチアーニのソロ・ピアノ | トップページ | ヤヘルの静的でクールなオルガン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/44583574

この記事へのトラックバック一覧です: こんなアルバムあったんや・10:

« ペトルチアーニのソロ・ピアノ | トップページ | ヤヘルの静的でクールなオルガン »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ