最近のトラックバック

« ジャズ・ロックなクルセイダーズ | トップページ | 1963年、アコ・マイルスの分岐点 »

2012年3月 1日 (木曜日)

ビッグバンド・ジャズは楽し・16

当ブログでは、幾つかの特集シリーズがあります。右の「カテゴリー」にあるのですが、今日の「ビッグバンド・ジャズは楽し」シリーズはジャズ者万人向け。僕自身がビッグバンド・ジャズ初心者。ビッグバンド・ジャズの勉強の成果を恥ずかしながらお披露目しているコーナーです。

さて、今日の「ビッグバンド・ジャズは楽し」は第16回目。今日は、ビッグバンドでのコルトレーン・ミュージックの再現という盤を取り上げてみましょう。

ビッグバンドでコルトレーン・ミュージックを再現する。今まで、様々なアレンジャーがこのテーマにチャレンジしてきています。「再現」といっても、コルトレーンのテクニックと個性をビッグバンド・ジャズで応用し再現する、若しくは、コルトレーンの楽曲を精神とコンセプト丸ごと、ビッグバンド・ジャズでバッチリとカバーする、かのどちらかですね。

大多数のチャレンジは、コルトレーンのテクニックと個性をビッグバンド・ジャズで応用し再現する、ですが、これがあんまし面白くない。やはり、コルトレーン・ミュージックのテクニックと個性は、その精神とコンセプトがバックにあってこそ、映えるものなんですね。

そういう意味では、コルトレーンの楽曲を精神とコンセプト丸ごと、ビッグバンド・ジャズでバッチリとカバーするアプローチが、ビッグバンドでコルトレーン・ミュージックを再現する時の最良ということが言えます。しかし、そういう観点でビッグバンドのアルバムを見渡すと、これがなかなか見当たらない(笑)。

なんせ、コルトレーン自身がビッグバンドのブラス・アンサンブルを核にチャレンジした『Africa / Brass』を真っ先に思い出すくらいだ。やはり、コルトレーンの楽曲を精神とコンセプト丸ごと、ビッグバンド・ジャズでバッチリとカバーする仕業は、コルトレーン・ミュージックをしっかりと体感していないと出来ない仕業なんだろうな、とも思う。

しかし、コルトレーンの『Africa / Brass』は、音楽監督を務めたエリック・ドルフィーに母屋を乗っ取られたような内容に陥ってしまった。以来、コルトレーンは、自らの音楽をビッグバンドで表現することはしなかった。
 

Song_of_the_newworld

 
そういう意味で、コルトレーンの楽曲を精神とコンセプト丸ごと、ビッグバンド・ジャズでバッチリとカバーするアプローチの最大の成功例が、McCoy Tyner『Song of the New World』(写真左)でしょう。1973年4月の録音。ちなみに主だったパーソネルは、McCoy Tyner (p), Hubert Laws (fl), Sonny Fortune (as,ss,fl), Joony Booth (b), Alphonse Mouzon (ds), Jon Faddis (tp)。

しかし、この『Song of the New World』では、コルトレーンが乗り移ったかのように、リーダーでピアニストのマッコイ・タイナーが、コルトレーンの楽曲のスピリチュアルな精神とコンセプトを完璧に踏襲し、シーツ・オブ・サウンドで弾きまくる。コルトレーンのテナーをピアノに完璧に置き換えたような凄まじい演奏。鬼気迫るマッコイ・タイナーの独壇場である。

バックのメンバーの演奏も素晴らしい。ジョン・ファディスのトランペット、ヒューバート・ロウズのフルート、ソニー・フォーチュンのソプラノ・サックス。いずれも、コルトレーンの楽曲のスピリチュアルな精神とコンセプトを完璧に踏襲し、シーツ・オブ・サウンドで吹きまくる。

そして、そのフロントの演奏をガッチリとバックで支えるのが、アルフォンソ・ムザーンのドラムとジョニー・ブースのベース。ムザーンのドラミングは、デジタルチックで端正で等間隔なリズム&ビート。この端正で等間隔なリズム&ビートが、コルトレーン・ミュージックを奏でるビックバンドをしっかりと「整える」。そして、太いブースのベースがコルトレーン・ミュージックを奏でるビックバンドをしっかりと「支える」。

さすが、マッコイ・タイナー。この『Song of the New World』は、コルトレーン本人がリーダーの「伝説のカルテット」の中で、コルトレーン・ミュージックを直接体感した、コルトレーン・ミュージックの伝道師的立場にあったからこそ出来る、マッコイならではの仕業である。

このマッコイの「ビッグバンドでのコルトレーン・ミュージックの再現」を聴いていると、マッコイが一番理想とするコルトレーンは、こういう演奏するコルトレーンなんだよ、と教えてくれるように聴こえる。そして、この演奏でのコルトレーン・ミュージックは、激しい演奏にも関わらず、耳にもたれない。激しい割に聴き易く、激しい割に耳に馴染む。

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« ジャズ・ロックなクルセイダーズ | トップページ | 1963年、アコ・マイルスの分岐点 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/44328778

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグバンド・ジャズは楽し・16:

« ジャズ・ロックなクルセイダーズ | トップページ | 1963年、アコ・マイルスの分岐点 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ