« アーマッド・ジャマル祭りのラスト | トップページ | 再結成アルバムの難しさ »

2012年3月30日 (金曜日)

こんなアルバムあったんや・11

今日は、アーマッド・ジャマル祭りの番外編。「こんなアルバムあったんや」の第11回目。アーマッド・ジャマルの『Freeflight』(写真左)をご紹介する。

アーマッド・ジャマルの『Freeflight』。1971年7月17日、モントルー・ジャズ・フェスティバルでのライブ録音。ちなみにパーソネルは、Ahmad Jamal (p, el-p), Jamil Nasser (b), Frank Gant (ds)。モントルーはスイスにある。冒頭、スイス語(フランス語?)でのアナウンスで、このライブ盤は幕を開ける。

ここでのアーマッド・ジャマルのピアノは、1950〜1960年代までの「しっとりシンプルでオシャレなサウンド」のスタイルが強い。1960年代終わり〜1970年代以降の「アーシーで豪快なメリハリのあるサウンド」は多少見え隠れはするが、基本は1950〜1960年代までの「しっとりシンプルでオシャレなサウンド」を踏襲している。

不思議なピアニストである。このアルバムの前に録音された『The Awakening』は1970年の録音。『Poinciana Revisited』は1968年の録音。この2枚のアルバムの、ジャマルのピアノのスタイルは、1960年代終わり〜1970年代以降の「アーシーで豪快なメリハリのあるサウンド」である。しかし、1971年録音のこの『Freeflight』は、1950〜1960年代までの「しっとりシンプルでオシャレなサウンド」に戻っている。

しかも、このライブ盤では、ジャマルは電子ピアノ、つまり「エレピ」を弾いているのだ。いや〜珍しい。というか、エレピを弾く必然性があったのか。ジャマルのエレピのスタイルは、実にシンプルでテクニックについては稚拙ですらある。

Freefright

しかし、例えば、ビル・エバンス、チック・コリア、ハービー・ハンコック、そして、キース・ジャレット等々、超一流のアコースティック・ピアニストのエレピが皆、そうであるように、ジャマルのエレピにも独特の個性的な「味」がある。決して上手くは無いのだが、独特の響きとフレーズがあるのだ。

ジャマルの歪んだ響きのエレピのイメージは「サイケデリック」、そして、リズム&ビート的には「ジャズ・ロック」。エンタテインメント性が豊かなピアニストとして、当時の音楽のトレンドを上手く取り入れた感がある。

この歪んだ響きのエレピを時代遅れと聴くか、サイケデリック色が豊かなジャズ・ロックの名演として聴くか、それによって、このライブ盤の評価は180度変わる。

僕は、このジャマルの「ヘタウマ」なエレピ、好きですね。サイケデリック色が豊かなジャズ・ロックな香りが芳しく、シンプルで稚拙ではあるけれど、味のある演奏で、なかなか聴き応えがあります。

しかし、1950〜1960年代までの、音数を厳選し、間を活かした「しっとりシンプルでオシャレなサウンド」で、マイルスに一目置かれたアコースティック・ピアニストであるアーマッド・ジャマルが、サイケデリック色が豊かなジャズ・ロックなエレピを弾いてしまうのだ。思わず「こんなアルバムあったんや」である(笑)。

 
 

大震災から1年。決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« アーマッド・ジャマル祭りのラスト | トップページ | 再結成アルバムの難しさ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなアルバムあったんや・11:

« アーマッド・ジャマル祭りのラスト | トップページ | 再結成アルバムの難しさ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー