« お次は「かぐや姫ライブ」でこざる | トップページ | スウィング・ジャズに走る時 »

2012年2月20日 (月曜日)

ロイドのサイケデリック・ジャズ

1960年代後半、フラワームーブメントの煽りで、サイケデリック・ジャズなるものが流行った。その中核は、Charles Lloyd(チャールズ・ロイド)。バックに、あのKeith Jarrett(キース・ジャレット) や Jack DeJohnette(ジャック・デジョネット)を従えて、カルテットとして活動していました。

サイケデリック・ジャズとは言っても、サイケデリック・ロックの様な奇天烈なものでは無く、アーシーで浮遊感のある、ジャズ・ロックとフリー・ジャズのミックスと言った感じの演奏が特徴です。フラワームーブメントの中で受けに受けたジャズなので、サイケデリック・ジャズと呼ばれるのでしょうか。

そのロイドが、キースやデジョネットを従えて活動していた期間は約2年半程度の短期間。そんな短期間の割に、意外と多作で、Atlanticレーベルには8枚のアルバムが残されているようです。当時、このロイドのカルテットは凄い人気だったようですね。

さて、そんなCharles Lloyd Quartetの『Charles Lloyd In Europe』(写真左)をご紹介しましょう。パーソネルは、Charles Lloyd (ts, ss, fl), Keith Jarrett (p), Cecil McBee (b), Jack DeJohnette (ds)。1966年10月29日、ノルウェーの首都オスロの"Aulaen Hall"でのライブ録音とのこと。しかし、このライブ盤、ほんまにライブ録音なんかなあ。観客の歓声や拍手がなんか「わざとらしい」ところが気になる(笑)。

このチャールズ・ロイドのカルテットは、1960年代後半、突如として現れた、なかなか面白い内容のカルテットだった。当時の流行だった、テナーの神様コルトレーンとハービー・ハンコックらの新主流派のモード・ジャズがコラボした様な音。当時、ジャズの世界で「先端」と言われたトレンディーな音をいち早くブレンドした演奏。

バックの3人を従えて、リーダーのロイドがやりたいことをやっているという感じでは無くて、キースはピアノを好き勝手に弾き、デジョネットは叩きまくり、マクビーは我が道を行く、といった風。バックのキース、デジョネット、マクビーのピアノ・トリオのやりたい通りに、リーダーのロイドが乗っかったような演奏。
 

Charles_lloyd_in_europe

 
フロントのロイドが吹かずに、このキース、デジョネット、マクビーのピアノ・トリオの演奏だけになった部分は、それはそれは、素晴らしいピアノ・トリオの演奏になる。

印象的なフレーズ満載の、浮遊感溢れる、美しいモード・ジャズ。そして、モード・ジャズがどんどん発展していって、遂にはフリーに突入する瞬間。これまた美しい。ピアノ、ドラム、ベースが一体となった硬軟自在、変幻自在な演奏は素晴らしい。

ロイドのテナーは、コルトレーンの影響を受けた、というか、コルトレーンそっくり。コルトレーンの演奏の要素やテクニックを全て取り込んで、耳当たりよく、聴き易くした感じとでも言ったら良いでしょうか。とって、コルトレーンほどの深みとテクニックはありません。でも、とにかく聴き易い。

ハードバップ時代の歌うようなフレーズや十八番のシーツ・オブ・サウンド、フリーに走った時の「スピリチュアルな咆哮」など、コルトレーンそっくりに、テクニックのレベルを落として聴き易くしたような、意外と計算された演奏。

聴き易いと言えば、確かに聴き易い。そんな聴き易いコルトレーンの様なロイドのテナーと、まだまだ駆け出しでやっつけ感はあるが、キース、デジョネット、マクビーの、新しい響きと展開を湛えたピアノ・トリオの組合せ。

当時のサイケデリック・ジャズなるものを感じるのに、格好なライブ盤だと思います。でも、ジャズ演奏としての「拡がり」と「深み」に欠けるところがあり、何度か聴くと演奏の展開を覚えてしまい、先が読めるようになってしまって「聴く楽しみ」が薄れてしまうのが「玉に瑕」です。

このロイドのサイケデリック・ジャズの一連のアルバムは、忘れた頃に時たま聴き直す、という感じの聴き方が、飽きが来ないという意味で一番だと思います。
 
 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« お次は「かぐや姫ライブ」でこざる | トップページ | スウィング・ジャズに走る時 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロイドのサイケデリック・ジャズ:

« お次は「かぐや姫ライブ」でこざる | トップページ | スウィング・ジャズに走る時 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー