Date/Time


2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ジャズ喫茶で流したい・34 | トップページ | 春を感じる爽快フュージョン »

2012年2月 3日 (金曜日)

気持ちだけでも温かくありたい

今年の冬はとても寒い。平年の平均気温と比較すると、2度近く低いらしい。そりゃ〜寒いわ。僕は寒さがとても苦手。今年の冬の寒さは、退院後の病み上がりの身体にとても堪える。ちょっと辛いのぉ〜。

でも、寒い寒いと嘆いても仕方が無い。寒い、寒いと言うのも「もう飽きた」(笑)。前向きに「春」を感じさせてくれるフュージョン・ジャズを聴いて、気持ちだけでも温かくありたい。

そんな前向きに「春」を感じさせてくれるフュージョン・ジャズは無いのか。ちょっと探して「これだ!」と選んだアルバムが、国府弘子の『Pure Heart』。(写真左)。

さて、本当に久し振りの『Pure Heart』を腰を据えて聴く。このアルバムは、1992年ににリリースされているのだが、収録されている音は、新しく生き生きとしている。ポジティブで元気印な国府弘子の面目躍如。聴いていて楽しい、ビタミンのようなアルバム。

冒頭の1曲目から実に春らしい演奏にニンマリ。春の暖かい日差しの中、お気に入りの普段着で、ブラブラと静かな街中を歩いているようなテンポ。ゆったりと歩くようなテンポ、僕の大好きなテンポ。このテンポだけでもこの曲はイケる。
 

Kokubu_pure_heart

 
そよ風に髪をくすぐられながら、見慣れた街で、新しい発見をしそうな予感。そんなワクワク感満載の、明るくあっけらかんで、気持ちの良いリズムの「Smooth Struttin'」。ホーン・セクションをバックに、軽やかでファンキーなリズムに乗って、リラックスした国府のピアノが闊歩する。う〜ん、完璧に雰囲気は「春」やなあ。

5曲目の「Weekend」も、軽やかなフルートとピアノが、ボサノバを奏でて、な〜んとなく、春の週末ってな感じだし、6曲目の「Carry Me With The Wind」なんかも、曲名を見るだけで、爽やかな春風が吹き抜けて行くようだし、アルバム全体の雰囲気は、春、春、春。

7曲目の「Barefoot Steppin'」は春そのもの。「Barefoot」とは裸足のことだけど、そうそう、暖かな、少し歩くと汗ばむような春たけなわの昼下がりなんぞ、裸足で、サンダルつっかけて、ぶらぶら、歩くのが僕は大好きです。少し、かすんだような、ぼんやりした青空と、あちこちの庭に咲く花々。ふとみると、軒下の日向で猫が大あくびしていたりして・・・。

春を連想させてくれる、ジャズのアルバムが少ない中、『Pure Heart』は、正に僕のお気に入り。寒い寒いと嘆いても仕方が無い。前向きに「春」を感じさせてくれるフュージョン・ジャズを聴いて、気持ちだけでも温かくありたい。寒さ凌ぎの、気持ち的に「春」を感じさせてくれる国府弘子の『Pure Heart』。お勧めです。

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

★がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« ジャズ喫茶で流したい・34 | トップページ | 春を感じる爽快フュージョン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちだけでも温かくありたい:

« ジャズ喫茶で流したい・34 | トップページ | 春を感じる爽快フュージョン »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー