最近のトラックバック

« アグレッシブなDBQとデスモンド | トップページ | まずは『かぐや姫フォーエバー』 »

2012年2月17日 (金曜日)

クロスオーバーなデスモンド

いやいやいや〜激しく寒い朝である。うっすらと屋根に雪が積もっているではないか。冷蔵庫の中を歩いて最寄りの駅まで通っているような感覚。関東地方の中でも暖かい方の千葉県ですら、この寒さである。北の地方は推して知るべし、である。

あんまりに寒いので、今週は、ウォームで円やかなアルト、ポール・デスモンドで突っ走ることにする(笑)。今日は、イージーリスニング・ジャズの時代のデスモンドである。

1960年代の終わりから台頭してきた「クロスオーバー・ジャズ」。ロックとジャズの融合とか、ジャズとクラシックの融合という、異種格闘技のような感じのジャズ。そんな時代のトレンドの中で、イージーリスニング・ジャズも台頭しつつあった。

クロスオーバー・ジャズ、イージーリスニング・ジャズの専門レーベルが「CTIレーベル」。CTIレーベルは、1967年、プロデューサーのクリード・テイラーによって創設された。ジャズの大衆化を図るために設立され、クロスオーバー・ジャズのブームの中核を担った(Wikipediaより)。

そんなCTIレーベルと契約を結んだデスモンド。CTIから数々のクロスオーバー・ジャズに乗った佳作をリリースする。特に、デスモンドの場合は、クラシックとジャズの融合、クラシックの弦のアレンジに乗って、ジャズ・スタンダードの焼き直しやボサノバ、サンバなどの名曲をカバーした。電気楽器とはあまり付き合わず、基本はアコースティックなところが、ハードバップ時代からのベテランらしいところである。

そんなデスモンドの異種格闘技的なアルバムが『From the Hot Afternoon』(写真)。デスモンドのイージーリスニング・ジャズの傑作。全編、ブラジルの世界。ボサノバ&サンバをやらせたら、デスモンドの円やかなアルトは最適。さすがCTIレーベル、さすがはクリード・テイラー。慧眼恐るべしである。
 
From_the_hot_afternoon   
 
しかし、厳密に言うと、このアルバムは、Milton Nascimento & Edu Loboの作品集。改めて、よくよく収録曲を眺めると、10曲のうち、Milton Nascimentoの曲が6曲、Edu Loboの関係する曲が4曲。ブラジル音楽といっても、ボサノバ&サンバでなく、ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ、つまりはMPBの曲を主体にしたアルバムです。く〜、小粋やなあ。むっちゃ格好ええ企画アルバムですわ。

演奏の雰囲気は「ブラジル」。基本的にはボサノバ&サンバと同等の雰囲気です。特に、4曲目の「To Say Goodbye」は、切々と女心を唄うWanda De Sahの唄が実に魅惑的です。このWanda De Sahの歌声に呼応するように吹き上げるデスモンドのウォームで円やかなアルト・サックス。デスモンドのアルトと魅惑的なMPBの女性ボーカルは相性抜群である。

そして、なんと、Edu Lobo本人がGuitarとVocalで2曲に参加。おやおや、と思ってパーソネルを眺め直してみると、基本的にブラジルのミュージシャンとのコラボではないか。なるほど、演奏の雰囲気が米国っぽくないな、ジャズっぽくないな、と思ったがそういうことなんですね。

弦のアレンジャーは、ドン・セベスキーなので、ちょっと古さを感じてしまうのですが、1969年の録音という観点で聴き直すと、これはこれで、当時の流行というものが感じられて、これはこれで「あり」かな、と思います。古さもここでは「個性」として良いと思います。

このアルバムの音が好きなら、クロスオーバー・ジャズを楽しめると思いますし、このアルバムの音が嫌いなら、クロスオーバー・ジャズを楽しめることは無いと思います。クロスオーバー・ジャズの基準となるような音が詰まっている、クロスオーバー時代の生き証人のようなアルバムです。

良いクロスオーバー・ジャズ、イージーリスニング・ジャズのアルバムです。1960年代終わりから1970年代前半のクロスオーバーの時代の音をしっかりと感じる事が出来ます。もちろん、デスモンドのウォームで円やかなアルトもバッチリ堪能できます。

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« アグレッシブなDBQとデスモンド | トップページ | まずは『かぐや姫フォーエバー』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/44159999

この記事へのトラックバック一覧です: クロスオーバーなデスモンド:

« アグレッシブなDBQとデスモンド | トップページ | まずは『かぐや姫フォーエバー』 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ