最近のトラックバック

« 野球に関するジャズのアルバム | トップページ | 野球に関するジャケットが面白い »

2012年2月 9日 (木曜日)

こってこてのR&B曲のカバー集

「ファンキー&ソウルフル」を追求すると、ついには「ストリート・ミュージック」に行き着く。このガッド・ギャングも「ファンキー&ソウルフル」を追求していって、ついには「ストリート・ミュージック」に行き着いた。

そんな素敵なセカンド・アルバムが、The Gadd Gang『Here & Now』(写真左)。このセカンド・アルバムでは「ストリート・ミュージック」的なR&Bの名曲のカバーが特徴的。こってこてのR&Bカバー集なんだが、バリサクとアコベの低音の威力で、重心の低い、こってこてファンキーなフュージョン・カバーになっている。これって、フュージョン・ジャズでは他に無い個性。実に魅力的。

それぞれの選曲も良いのだが、何と言っても、メンバー達が実に楽しそうに演奏している、このアルバムの「楽しい雰囲気」が最高。この実に楽しい雰囲気の中、R&Bの名曲たちが、ガッド・ギャングの手で次々にカバーされていく。

最初の1曲目は、オーティス・レディングの1965年のヒット曲「お前を離さない」でファンキーに疾走する。2曲目はメドレーで、テンプテーションの1965年のヒット曲「マイ・ガール」で渋く、ソウルフルに歌い上げながら、ジミ・ヘンドリックスのトリオ=バンド・オブ・ジプシーの「チェンジス」で、バリバリファンキーに迫る。3曲目は、キング・カーティス、1964年初出の「ソウル・セレナーデ」は、ミドルテンポで、実に渋く、ファンキーにアレンジメントされている。この冒頭の3曲は、かなりの「聴きもの」である。
 
特に「マイ・ガール」は、個人的に涙が出るほど大好きな曲で、テンプテーションのオリジナル・バージョンは、学生時代、周りが呆れるほど繰り返し聴いたものだ。そんな大のお気に入りR&B曲の、ガッド・ギャングによるカバーである「My Girl〜Them Changes」。メンバーそれぞれの熱演が素晴らしい。ガッド・ギャングのベスト・プレイの一つだと僕は思う。
 
Here_and_now
 
4曲目は、日本でも人気の、プロコル・ハルムの「A Whiter Shade Of Pale(青い影)」(1967年)を、実に「ソフト&メロウ」かつファンキーに歌い上げる。この「A Whiter Shade Of Pale」。これはロック曲。R&B曲では無いが、アレンジはコテコテのR&B仕様。凄くベッタベタなカバーだが潔くて心地良し。

5曲目は唯一のオリジナルを挟んで、6曲目は、1943年初出のデューク・エリントン楽団の「昔はよかったね」は実にダンサフルで、踊り出したくなる。実にファンキーでR&Bなアレンジが素敵だ。7曲目は、イタリアのシンガー=ソングライター、ピノ・ダニエリの「ケ・オーレ・ソ」で、この曲の演奏は、ガッド・ギャングの「ソフト&メロウ」な側面を聴かせてくれる。

8曲目は、スティービー・ワンダーの1970年の名曲「涙をとどけて」で、再び、ファンキーで、ダンサフルな演奏に立ち返り、9曲目、アメリカ人なら誰でも知っている裏国歌「アメリカ・ザ・ビューティフル」で締めくくる。

そして、最後に特筆すべきは、コーネル・デュプリーのファンキー・ギター。このガッド・ギャングの『Here & Now』って、コーネル・デュプリーのギターが素晴らしい。デュプリーって、もともとR&B志向なんだが、このアルバムで、ど真ん中のR&Bをカバーしているってこともあって、バリバリに弾きまくっている。デュプリーのベストプレイのひとつだろう。

若い頃、この『Here & Now』は、あまりにコッテコテのR&B曲のカバー盤なので、そのあまりにあからさまなカバーの仕方に気恥ずかしさを感じて、ちょっと疎遠になった時期がある。50歳を過ぎた今では、そんなこと、全く無くて、このあまりにあからさまなカバーが潔くて心地良い。

ま、人間、年と共に音楽に対する許容量が増えるというのか、懐が深くなるというのか、若い頃、なかなか馴染めなかったアルバムが、50歳を過ぎた今では意外と「イケる」ということが多々ある。この傾向、僕だけかなあ。

とにかく素晴らしい、R&Bカバーのフュージョン・アルバムとして大推薦したい。良いアルバムです。

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« 野球に関するジャズのアルバム | トップページ | 野球に関するジャケットが面白い »

コメント

コーネル・デュプリーの柔らかくて闊達な音色は本当にいいですね。

もう生演奏を聴くことは叶いませんが…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/44053174

この記事へのトラックバック一覧です: こってこてのR&B曲のカバー集:

« 野球に関するジャズのアルバム | トップページ | 野球に関するジャケットが面白い »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ