最近のトラックバック

« こんなアルバムあったんや・9 | トップページ | ジャズ・ロックなクルセイダーズ »

2012年2月28日 (火曜日)

このマイルスは「可愛い」

マイルスのアルバムの全てが名盤という訳では無い。特に、1950年代前半のビ・バップ時代の後、ハードバップ時代の初頭の頃のマイルスは、まだまだ駆け出しの発展途上だった。加えて、1953年までは完璧なジャンキーで、麻薬禍から抜け出せず、マイルスのパフォーマンスには「何か重要なものが欠けている」雰囲気があった。

ここに『Blue Haze』(写真左)というアルバムがある。1953年から翌年にかけて残された3つのセッションを収録。そう、プレスティッジ・レーベルお得意のセッションの寄せ集めアルバム化戦略である。順を追うと、1953年5月19日と1954年3月15日の録音、1954年4月3日の録音。

1953年5月19日の録音は「When Lights Are Low」「Tune Up」「Miles Ahead」「Smooch」の4曲。ちなみにパーソネルは、Miles Davis (tp), John Lewis (p), Charles Mingus (p), Percy Heath (b), Max Roach (ds)。「Smooch」では、ベーシストのチャールズ・ミンガスがピアノを弾いている。「Tune Up」はピアノレス・トリオの珍しい編成。

まだ、麻薬禍の真っ只中での録音なので、どの曲の演奏にも、なんだか「暗い翳り」とテクニックを振るいきれない「中途半端さ」が漂っている。ペットの音は、既にしっかりと「マイルスの個性」を確立しているので、ちょっと聴いていて戸惑う。
 
「When Lights Are Low」「Tune Up」は、後の「マラソン・セッション」での決定的名演があるが、それに比べると、似ても似つかぬ、マイルスの美意識は強く感じるが、まだまだ鍛錬が必要な発展途上の演奏である。
 
Blue_haze
  
1954年3月15日の録音は「Four」「Old Devil Moon」「Blue Haze」。パーソネルは、Miles Davis (tp), Horace Silver (p), Percy Heath (b), Art Blakey (ds)。1954年4月3日の録音は「I'll Remember April」。パーソネルは、Miles Davis (tp), Dave Schildkraut (as), Horace Silver (p), Percy Heath (b), Kenny Clarke (ds)。う〜ん、パーソネルの出入りがややこしい。

1954年は既に麻薬禍から抜け出しており、ペットの音には張りがあって「暗い翳り」はもう感じる事は無い。しかし、テクニック的には、 まだまだ駆け出しの発展途上で、後に高速展開でビシッとライブで決める「Four」など、低速の安全運転。「Old Devil Moon」もテクニックはまだまだ。マイルスの個性的なペットの音だけで、とりあえず聴かせる。テクニック的には、麻薬禍真っ只中の1953年の録音の方が優れた感じなので、ジャズの演奏というのは良く判らんなあ(笑)。

この『Blue Haze』のマイルスの調子はイマイチ。但し、ペットの音は既に「マイルスの個性」を確立させているところは「さすが」。しかし、全編を通じて、ここでのマイルスは、どう聴いても、まだまだ駆け出しの発展途上。ジャズ者万民にキッチリと聴かせるには、ちとテクニックが不足している。

でも、このアルバムでのマイルスは「可愛い」。あの強面もマイルスにも、こんなに「可愛い時代」があったんやなあ、と思うと、なんだか可笑しくなる。この『Blue Haze』は完璧にマイルス・マニア向け。でも、マイルス者の方々は、どこかでこのアルバムを絶対に手に入れて聴いて下さい。ここには、若かりし頃の、まだまだ青くて発展途上の「可愛らしい」マイルスが鎮座ましましている。

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« こんなアルバムあったんや・9 | トップページ | ジャズ・ロックなクルセイダーズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/44300271

この記事へのトラックバック一覧です: このマイルスは「可愛い」:

« こんなアルバムあったんや・9 | トップページ | ジャズ・ロックなクルセイダーズ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ