« ジャズロックからEW&Fを聴く | トップページ | 「赤ペト」の想い出 »

2012年1月 9日 (月曜日)

Tower of Powerの真骨頂

Tower of Powerは、70年代初頭のオークランドをベースにしたさまざまなバンドで構成された、ロック・ホーン・バンド、若しくはR&Bのバンド。僕は、このTower of Powerというバンドが大好きだった。というか、今も好きである。

Tower of Powerって本当に良い。ブラス・ロック+R&B+クロスオーバー=Tower of Power。Tower of Powerって、その音楽性が楽しい。 ファンキー、ブラス、ソウル、ジャズ、ロック、それぞれの音楽の要素がごった煮になった個性は唯一無二。Tower of Powerならではのものである。

そんなTower of Powerをとことん感じることが出来るアルバムが、1973年発表の彼らのサード・アルバムである『Tower of Power』(写真左)。自らのバンド名をシンプルにタイトルにあしらったアルバムであるが故に、Tower of Powerの個性が全開のR&B+ブラスバンドの秀作である。

一糸乱れぬ高度な演奏テクニックを誇るホーンセクションとR&B風なコーラス、音数が多くタイトで超絶技巧なリズムセクション。基本はファンクネス。とことんファンキーなリズム&ビートが最大の魅力。
 

Tower_of_power

 
この「どファンク」っぽさを聴けば、R&Bが基調と思いきや、ロック寄りのアプローチやゴスペルチックなハーモニーも入って、ファンキー、ブラス、ソウル、ジャズ、ロック、それぞれの音楽の要素がごった煮になっているところがTower of Powerの真骨頂。

「どファンク」で楽しい楽曲の合間を繋ぐように配置されているバラード系の楽曲も凄く出来が良い。R&Bの良いところをパクッて、キャッチャーなフレーズを散りばめたムード満点なバラード曲。これがまた実に「良い」のだ。

この彼らのサード・アルバムである『Tower of Power』、このアルバムで彼らはその音楽性をを明確にした。ブルースからファンクへの転身。ブラスアレンジの確立。音数が多くタイトで超絶技巧なリズム&ビート。後のAORの到来を予知した様な、甘めのR&Bばりのボーカル。「これぞTower of Power」的な音がぎっしりと詰まっていて、聴いていてとても楽しい。

日本ではジャンル不詳のバンドとして、レコード屋では、ある時は「R&B」、ある時は「ソウル」、ある時は「ロック」、ある時は「ブラコン」、ある時は「ジャズ」と、Tower of Powerは様々な音楽ジャンルにたらい回しにされた不幸なバンドではあるが、この個性的なファンクネスは癖になる。

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« ジャズロックからEW&Fを聴く | トップページ | 「赤ペト」の想い出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tower of Powerの真骨頂:

« ジャズロックからEW&Fを聴く | トップページ | 「赤ペト」の想い出 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー