最近のトラックバック

« 弾きまくる「泣きのギター」 | トップページ | 久し振りにスイング・ジャズ »

2012年1月12日 (木曜日)

パット&メイズの決定的名演

我が千葉県北西部地方は昨晩から寒いこと寒いこと。夕方には雪がちらつくわ、にわか雨がどわっと降るわ、それから北風が吹き始めて、夜中には「ゴーゴー」と音を立てて吹く始末。今朝は冷えたのなんのって・・・・。

これだけ寒くなると、なぜかパット・メセニーが聴きたくなる。ライル・メイズのキーボードとパット・メセニーのギターが聴きたくなる。ファンキーやアーシーという雰囲気とは全く対極にある、牧歌的でフォーキーな、自然の原風景が目の前に広がる様な、爽やかに雄大に広がる音世界。これがまた「冬の厳しい寒さ」に合うんやなあ。

ということで、CD棚を眺めていたら、そう言えば、このアルバムについて、ブログで語ったことが無かったことに気が付いた。Pat Metheny & with Lyle Mays『As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls』(写真)である。1980年9月の録音。1981年5月のリリース。ちなみにパーソネルは、Lyle Mays (p,syn,org), Pat Metheny (g), Nana Vasconcelos (per,ds,vo)。

冒頭のタイトル曲は、20分を超える大作。ベトナム反戦をテーマにしたと言われる、「破壊〜再生」をテーマに様々なモチーフが次々と現れる。パットとメイズが、ジャズ・フォーマットの上で織りなす「アンビエント・ミュージック」。Nanaの多彩なパーカッションとボイスが素晴らしい。ジャジーなリズム&ビートの効いた「アンビエント・ミュージック」。

2曲目の「Ozark」では、ライル・メイズのアコピのソロが乱舞する。メイズのアコピのソロ・フレーズは独特。メイズのアコピのソロが、フォーキーでクリーンな、自然の原風景が目の前に広がる様な、爽やかに雄大に広がる音風景を現出する。そのメイズのアコピにパットのフォーキーで煌めく様なギターが絡む。パット&メイズの独特の音世界がブワッ〜と広がる。
 

As_fall_wichita

 
3曲目の「September Fifteenth」は、ピアノ・トリオの祖、1980年9月15日に逝去したビル・エバンスへの鎮魂歌。限りなくフリーで幽玄な「アンビエント・ジャズ」の世界。間の活かし方、幽玄な音の響き。ビル・エバンスへのオマージュ。

そして、4曲目「It's for You」は絶品。牧歌的でフォーキーな、自然の原風景が目の前に広がる様な、爽やかに雄大に広がる音風景は、パット&メイズならではの音世界。この「It's for You」は、パット&メイズの決定的名演のひとつとして良いだろう。

素晴らしい出来である。途中、挿入されるメイズのオルガンの音には、レトロな想い出に浸って胸が締め付けられるような郷愁を感じ、飛翔するように疾走するように弾き上げられるパットのギターの音には、限りない爽快感を感じる。

ラストの「Estupenda Graca」は、Nanaのボーカルが印象的。後のパット・メセニー・グループで表現される、ボーカルを活かした「ワールド・ミュージック的なアプローチ」とアメリカン・アフリカンの音の原風景の様な「アフリカン・ネイティブな音のイメージ」、双方の萌芽を聴くことが出来る。賛美歌の様な、ゴスペルの様な響きは敬虔ですらある。

パットとメイズ、異常なまでに呼吸が合い、ユニゾン&ハーモニーは完璧。そして、何より二人とも表現する音世界が同じ。牧歌的でフォーキーな、自然の原風景が目の前に広がる様な、爽やかに雄大に広がる音世界。この音世界こそが、パットとメイズの個性である。

このアルバムを聴けば、何故、パットとメイズは、パット・メセニー・グループとして、長年に渡って共演し続けているかが良く判る。

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

保存

« 弾きまくる「泣きのギター」 | トップページ | 久し振りにスイング・ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/43721638

この記事へのトラックバック一覧です: パット&メイズの決定的名演:

« 弾きまくる「泣きのギター」 | トップページ | 久し振りにスイング・ジャズ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ