最近のトラックバック

« MJQの音は寒い冬に良く似合う | トップページ | ジャズロックからEW&Fを聴く »

2012年1月 7日 (土曜日)

MJQの「スタイル確立の名盤」

MJQ(The Modern Jazz Quartet)のジャズは、アーティスティックなジャズである。ジャズと言えば、ファンキーでブルージーな雰囲気が濃く漂う大衆音楽という解釈が強い。簡単に言ってしまうと、良い意味で「俗っぽい」音楽である。
 
しかし、僕が思うに、MJQは、この「俗っぽい」大衆音楽であるジャズをアーティスティックな音楽にしようと考えたのではないか。「ジャズの社会的地位の向上」大作戦である。

クラシック音楽の弦楽四重奏曲的な要素をジャズの世界に持ち込んだというか、宮廷音楽=サロンミュージックというか、欧州趣味というか、バロック好きというか、室内楽的な典雅な音作り。クラシックの作曲手法も取り込み、ジャズをアーティスティックな音楽として昇華させている。

そんなMJQがそのスタイルを確立したアルバムが『Concorde(コンコルド)』(写真左)。1955年7月の録音。ちなみにパーソネルは黄金のカルテット、Milt Jackson (vib), John Lewis (p), Percy Heath (b), Connie Kay (ds) の4人。
 
冒頭の「Ralph's New Blues」から、ブルースと銘打たれている曲ですが、どうしてどうして、室内楽的な典雅な音作りが全開。実にアーティスティックな雰囲気が色濃く漂います。緻密でクールなブルース。MJQの魅力がこの1曲目の演奏に凝縮されています。
 
2曲目「All Of You」では、ドラムを担当するのは、なぜコニー・ケイなのか、そして、ベースを担当するのは、なぜパーシー・ヒースなのかが良く判る演奏。
 
Mjq_concorde
 
ドラムのケイ、ベースのヒースは、MJQの室内楽的な典雅な音作りにピッタリの繊細かつ緻密なリズム・セクションです。とにかくテクニックが並外れている。そして、十分に練習も積んでいることが良く判る、繊細で超絶技巧なリズム・セクションです。

そして、このアルバム『Concorde』を更に有名にしている曲が、5曲目の「Softly, As In A Morning Sunrise」。邦題が「朝日のようにさわやかに」ですね。この「朝日のようにさわやかに」の決定的名演がこの『Concorde』に収録されています。

この「朝日のようにさわやかに」の、ちょっと哀愁を帯びた、クールで転がるような旋律に、ヴァイブの音がバッチリ合うんですね。そして、ファンキーでブルージーなジャズ本来の音より、このMJQの室内楽的な典雅な音にアレンジされた方が、曲の持つ本来の雰囲気がより効果的に引き出される。この名スタンダード曲がMJQの十八番となった理由が良く判ります。

「Softly, As In A Morning Sunrise」はMJQのライブ盤では必ずといって良いほど、収録されています。そんなMJQの室内楽的な典雅な音作りを惹き立たせる為に作られた、MJQの為のオリジナル曲の様に良く出来ています。

それぞれの曲のアレンジも完成度が高く、MJQの音作りを十分に感じることの出来る良いアルバムです。MJQ入門盤として、昨日ご紹介した『Django』と併せて、この『Cncorde』は必須アイテムです。
  
ジャケットのデザインは、さすがプレスティッジ・レーベルという感じで、かなり「イマイチ」なんですが、これにはちょっと目を瞑りましょう(笑)。

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

保存

« MJQの音は寒い冬に良く似合う | トップページ | ジャズロックからEW&Fを聴く »

コメント

はじめまして。
わたしも長くジャズを伴にしています。
コニーケイって、他ではあまり目立たない人ですが、好きですね。
ジャズ喫茶は学生時代はほぼ毎日のようにかよってました。
福岡のコンボやリバーサイド。
懐かしい。

はじめまして、donnkiiさん。松和のマスターです。
 
コニー・ケイって、聴けば聴くほどに、その彼の至芸に惚れ惚れしますよね。
スティックさばき、シンバル・ワーク、それぞれの神業的な至芸が繰り広げ
られるMJQの諸作品はかけがえのないものです。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/43657443

この記事へのトラックバック一覧です: MJQの「スタイル確立の名盤」:

« MJQの音は寒い冬に良く似合う | トップページ | ジャズロックからEW&Fを聴く »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ