« MJQの演奏は決まって「典雅」 | トップページ | とてもポップな「泣きのギター」 »

2012年1月26日 (木曜日)

泣きのギターが炸裂しまくり

1975年のソロ・デビュー作は『Forecast』(2010年7月11日のブログ参照・左をクリック)、翌1976年の『Ginseng Woman』はセカンド・アルバム(2011年1月11日のブログ参照・左をクリック)。その『Ginseng Woman』に続く、Eric Gale(エリック・ゲイル)自身3枚目となるリーダー・アルバム『Multiplication』(写真左)。

この『Multiplication』は、ゲイルのR&B志向が存分に反映されたアルバムだろう。ファンクネスの香り芳しく、ソフト&メロウなフュージョン炸裂なゲイルの代表作の一枚。

冒頭の「Morning Glory」はソフト&メロウで、落ち着きのあるジャジーなナンバー。ちょっとトロピカルな雰囲気漂い、ゲイルの官能的なギターが乱舞する。アレンジは「丸判りのボブ・ジェームス」。どっから聴いても、ボブ・ジェームスのアレンジ。弦の使い方、ブラスの重ね方、キーボードの手癖、どれを取っても「ボブ・ジェームスのアレンジ」。

ボブ・ジェームスのアレンジ満載なので、一瞬、これって「ボブ・ジェームスのアルバム?」って思ってしまいますが大丈夫です。Grover Washington Jr.のテナーも、存在感があって凄い威力です。一瞬、これって「グローバー・ワシントンJr.のアルバム?」って思ってしまいますが大丈夫です。エリック・ゲイルのソロはふんだんに入っています。

2曲目の「Gypsy Jello」は、1970年代のフュージョン・マニアであれば外せない名曲。Stuffのメンバー、Richard Teeのアルバムに収録されたり、あの伝説のN.Y.All Starsの来日公演でも演奏されていましたね。ゲイルの泣きのギターは炸裂しまくりです。聴き応え十分。ゲイルのファンクネス芳しいジャジーなギターは絶品。
 

Gale_multiplication_3  

 
3曲目の「Sometimes I Feel Like A Motherless Child」は、トラディショナルな「黒人霊歌」。ホーンやストリングスの仰々しいアレンジも大変好ましく、ブルージーな泣きのギターには、コッテコテのデコレーショナルなアレンジが必須なのだ。

そして、4曲目の「Oh! Mary Don't You Weep」。コーラスをフィーチャーしたゴスペルな雰囲気抜群で、米国ルーツ・ミュージック好きならば、この演奏には「痺れる」こと請け合い。

アレンジが、コッテコテにファンキーで、コッテコテにゴスペルチックで格好良い。ゲイルのギターは泣きまくり、ティーのハモンド&ピアノのファンキーな響きは絶品中の絶品。まるで教会の残響を思わせるような録音と相まって、このゴスペルチックな演奏は、このアルバムのベストトラックだろう。

他の曲もどれもが良い内容です。とにかく、ギブソンのフル・アコースティック・ギターの鳴りや響きを活かしたゲイルの泣きのギターは唯一無二の個性。その抜群のタイム感覚と歌心のあるプレイは他の追従を許さない。1970年代のフュージョン・ジャズの中で、ゲイルの泣きのギターは「宝」である。

しかし、この『Multiplication』のアルバム・ジャケットは酷いなあ。どうやったら、こんなデザインが思い浮かぶのやら(笑)。
 
『Ginseng Woman』も酷かったが、この訳が判らない酷いジャケット二つをわざわざ併せて、新しいアルバム・ジャケットのデザインとしている『Ginseng Woman』と『Multiplication』のカップリング盤(写真右)は、酷いを通り超して凄いです(笑)。

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« MJQの演奏は決まって「典雅」 | トップページ | とてもポップな「泣きのギター」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泣きのギターが炸裂しまくり:

« MJQの演奏は決まって「典雅」 | トップページ | とてもポップな「泣きのギター」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー