最近のトラックバック

« 大変美しい皆既月食でした | トップページ | なんとも評価に困るアルバム »

2011年12月12日 (月曜日)

「市原ひかりグループ」の最新作

市原ひかりは、日本の女性ジャズトランペット&フリューゲルホルン奏者。といって、女性だからといって軽くみてはいけない。彼女のトランペットはなかなかのものなのだ。

確かに肺活量からすると男性に負けるかもしれない。ハイノートなブロウも男性に負けるかもしれない。でも、トランペットを演奏する「総合力」を見ると、男性に引けを取らないどころか、女性ならではの特性がプラスになって、これがなかなか聴かせてくれるのだ。

そんな市原ひかりが、今年6月に新譜をリリースした。「市原ひかり」として6枚目、「市原ひかりグループ」として2枚目となる、市原ひかりグループ『UNITY』(写真左)。2011年2月の録音。ちなみにパーソネルは、市原ひかり (tp,flh), 浅井良将 (as), 堀秀彰 (p), 中林薫平(b), 安藤正則(ds)。

前作『MOVE ON』にて、市原ひかりグループ名義でリリース。そして、今回の『UNITY』も続いて、市原ひかりグループ名義。前作にも増して、アルバム名義の名前のとおり、グループサウンズ最優先の、充実したグループサウンズを追求したアルバムに仕上がっている。ジャケ写を見ても、グループサウンズ優先が感じてとれる。今回はメンバー全員が写ってます(笑)。

全曲オリジナル書き下ろし。市原ひかりは作曲&アレンジの才もあり、これもなかなかのものなのだ。今回はグループサウンズ最優先。メンバーそれぞれがソロで輝く様な曲作り、メンバーそれぞれの個性が輝くアレンジ。
 
Ichihara_g_unity
 
どの曲もどの曲も市原ひかりが丁寧に作曲し、丁寧にアレンジした、そんな感じがビンビンに伝わってくる曲が「てんこ盛り」である。しかし、今回のオリジナルは、バンドのメンバーそれぞれをしっかりと目立たせるような作りになっていて、メリハリとキャッチャーさに欠けるきらいがあるところが惜しい。

アルバム全体の雰囲気は、とにかく「クール」。ジャジーでグルーヴ感溢れる「かっこよさ」をとことん追求した演奏。ユニゾン&ハーモニーも格好良く、ソロの切り替えも小粋で格好良い。グループサウンズ最優先の、充実したグループサウンズが売りという、今回のアルバムのコンセプトがしっかりと伝わってくる。

惜しむらくは、グループサウンズ最優先であるが故、誰がリーダーなのか、誰のリーダー作なのかが良く判らなくなっていること。リーダーは当然、市原ひかりなのだが、今回のアルバムでは、市原ひかりのトランペットが前面に押し出てくることは無い。市原ひかりのトランペットが目立つことがあまりに少ない。グループのメンバー、それぞれが平等に前に出てきて、平等に目立つ。何となく決め手に欠けることは否めない。

しかし、アルバム全体の演奏の水準は高く、格好良いソロと洗練された全体の流れは、このアルバムの最大の「売り」である。グループのメンバー一体となって、これだけクールなサウンドを聴かせてくれているのだ。細かいことはもう言うまい。

このアルバムの内容は、時には、グループサウンズ最優先の、充実したグループサウンズを追求したアルバムがあっても良いのでは無いか、と思わせてくれる。このグループサウンズを更に充実し発展させた、そして、今回のアルバムでの課題をクリアした次作が楽しみです。

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« 大変美しい皆既月食でした | トップページ | なんとも評価に困るアルバム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/43353930

この記事へのトラックバック一覧です: 「市原ひかりグループ」の最新作:

« 大変美しい皆既月食でした | トップページ | なんとも評価に困るアルバム »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ