« 今年のCDコレクションのハイライト | トップページ | マイク・マイニエリを見直したぞ »

2011年12月 8日 (木曜日)

あれから31年、ジョンの命日

今年も12月8日がやってきた。1980年12月8日、ジョン・レノンは凶弾に倒れた。享年40歳。

自宅アパートのダコタ・ハウスの前、マーク・チャップマンが暗闇から「レノン?」と呼び止めると同時に拳銃を両手で構え5発を発射、4発がレノンの胸、背中、腕に命中し、レノンは「撃たれた!(I'm shot!)」と2度叫びアパートの入り口に数歩進んで倒れた(Wikipediaより)。

この訃報は衝撃的だった。僕は大学3回生。多感な頃である。最初は何が起きたのか、理解出来なかった。テレビのアナウンサーが何を伝えているのか、理解出来なかった。ジョンが撃たれた。でも、ジョンは帰って来る。楽観的に思い込んでいた。
 

John_lennon_museum

 
次のニュースが入ってくる。ジョンが亡くなった。ジョンを失った。若き日の僕にとっての精神的支柱の一人であったジョン。そのジョンの存在がこの世から突然に消えたのだ。その喪失感はかなりのものがあった。

実は今でも、あの時味わった強烈な喪失感を引きずっている。12月8日になると、あの日の激しい喪失感をはっきりと思い出す。今までの人生を振り返って、最大の喪失感だった。僕は、ジョン・レノンを失った激しい喪失感を一生忘れないだろう。
 

John_lennon_museum2

 
しかし、今でもジョンの歌は、ジョンのメッセージは、様々な形で維持されている。僕たちはいまでもジョンのアルバムを、ジョンのメッセージを体感することができる。ジョンより13年も長生きすることになり、今では、ジョンのメッセージがしっかりと理解出来るまでになった。年齢は、人生経験は、重ねてみるものである。

そして、僕は、Wikipediaにあるこの一文を読んでは、目頭を熱くし、はらはらと涙を流すのだ。「オール・マイ・ラヴィング」は、ポールが主体で書いた曲の中で、初めてジョンが誉めた曲であった。

『レノンの死亡時に病院のタンノイ・スピーカーから流れていた曲はビートルズの「オール・マイ・ラヴィング」だったという』

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

« 今年のCDコレクションのハイライト | トップページ | マイク・マイニエリを見直したぞ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから31年、ジョンの命日:

« 今年のCDコレクションのハイライト | トップページ | マイク・マイニエリを見直したぞ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー