« こんなアルバムあったんや・4 | トップページ | 欧州ジャズと日本人の相性 »

2011年11月 2日 (水曜日)

「ファンキー&ソウルフル」がウリ

ドラムスがスティーブ・ガッド、キーボードがリチャード・ティー、ギターがコーネル・デュプリー。となると、70年代後半、あの伝説のフュージョン・バンド「スタッフ」の再来か、と思ってしまう。

しかし、ベースは純ジャズ畑でならした(あのビル・エバンスと長年トリオを組んだことでも有名な)エディ・ゴメスと、バリトン・サックスの雄(これが実に効いているんだが)ロニー・キューバとくる。これは面白そうなバンドだなと思った。そのバンドのデビュー作、その名もズバリ『The Gadd Gang』(写真左)。1986年のリリースになる。

演奏面では、メンバーも半数が重複することから「スタッフ」との共通点はいろいろある。が、「スタッフ」のウリは「ソフト&メロウ」だが、このガット・ギャングは、「ファンキー&ソウルフル」がウリのバンド。とにかく、ビートのメリハリが利いて、とにかく楽しい。ストリート・ミュージックに通じる、ファンキーでノリの良い演奏が、このバンドの真骨頂。
 

Gadd_gang

 
特に、7曲目の「Honky Tonk〜I Can't Stop Loving You」を聴いてみて欲しい。聴き飽きた手練れのフュージョンでは無い、新鮮な印象の演奏がここにある。

純ジャズで鍛えたゴメスのウォーキングベースが強靱なビートを弾き出し、キューバのバリトンサックスが、テナーやアルトとはひと味違う「ドスの利いた」サックス・ソロがソウルフルな雰囲気を増幅する。ティーのキーボードも、デュプリーのギターも、実にファンキーな音を紡ぎだし、ドラムは、ビートはなんでもござれのガットが叩きまくる。特に、ベースのゴメスが大活躍。

昔、70年代後半、かの伝説のフュージョンバンド、スタッフに感じた「音楽的な不満」を全て解消してくれているようなバンドなのだ。よくぞ、やってくれた。スタッフとガッド・ギャングで「最強のフュージョン・ジャズ」である。

スタッフのファンは一度、耳にしてみて下さい。「ソフト&メロウ」な味付けを隠し味に「ファンキー&ソウルフル」なビート感がウリの、唯一無二の、僕が考える、理想的なフュージョンバンドといえます。

 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。
 

保存

« こんなアルバムあったんや・4 | トップページ | 欧州ジャズと日本人の相性 »

コメント

ベース、エディ・ゴメスだったのですか!
知らなかったです!
実は、ちょっと敬遠していたアルバムだったのですが、早速、明日、探しにいきます。

ジャズ喫茶松和に通ってよかった。

1-SHOWさん、いらっしゃい。松和のマスターです。
 
そうなんですよ、ガッド・ギャングのベーシストはあのエディ・ゴメスなんです。
僕も最初はビックリ。あのビル・エバンスのバックを長年勤めたベーシストです。
てっきり、ゴメスは純ジャズの人だと思っていて、コッテコテなファンキーさを
前面に押し出したガッド・ギャングの様なフュージョン・ジャズのベースを担当
する、しかも、アコースティック・ベースで演奏するなんて思いもしなかった。
 
ガッドとゴメス、仲が良いのでしょうか。ガッド・ギャングでの共演の
後も、度々、タッグを組んでいるようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ファンキー&ソウルフル」がウリ:

« こんなアルバムあったんや・4 | トップページ | 欧州ジャズと日本人の相性 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー