最近のトラックバック

« 抑制が効いた翳りのあるロリンズ | トップページ | 久しく臨時休業が続いています »

2011年11月 6日 (日曜日)

余裕のロッドが「今夜きめよう」

ロッドの聴き直しシリーズ。今日は大西洋を渡って米国に移り住んだロッドの、米国に拠点を移しての2枚目のアルバムになる。

そのタイトルは『A Night On The Town』(写真左)。1976年発表の通算7作目のソロ・アルバムになる。セールス的には、全英1位、全米2位を記録。米国制覇も目前である。

ちなみに、このアルバムからは3枚のシングルがカットされており、「Tonight's the Night(今夜きめよう)」は全英5位・全米8週連続1位、「The Killing of Georgie(キリング・オブ・ジョージー)」は全英2位・全米30位、「The First Cut Is the Deepest(さびしき丘)」は全英1位・全米21位を記録。「Tonight's the Night」以外は米国でふるわなかったが、英国でバカ受けなのが面白い。

このアルバムは、前作のかの名盤『Atlantic Crossing』と同様、トム・ダウトをプロデューサーに迎え、ジャケット・デザインもルノアールの絵画を模したなかなか凝ったデザインで、如何にも、前作のかの名盤『Atlantic Crossing』の続編という雰囲気を醸し出しているところが上手い。

LP時代の構成も前作のかの名盤『Atlantic Crossing』の方式を踏襲しており、LP時代のA面が「Slow Side」、B面が「Fast Side」と前作の逆ではあるが、それぞれの収録曲を上手く並べて、『Atlantic Crossing』と同様にアルバム全体に統一感を持たせているところは、さすがはトム・ダウトの手腕である。

しかし、このアルバムは、兎にも角にも、A面の1曲目、冒頭の「Tonight's the Night (Gonna Be Alright)」に尽きる。このむっちゃ「ケバケバな」ラブ・バラードに尽きる。
 
A_night_on_the_town
 
このバラードは秀逸。難しくなく、判り易く、ムード満点。米国で売れるにはこういう曲想とアレンジでなければね、ってな感じの、実に米国向きのバラード曲。歌詞の内容は、とにかくロッドであるからして、思いっきり「口説き」の世界なんだが、この歌詞の内容を上手くくみ取って、邦題を「今夜きめよう」としたのは秀逸。

とにかくこの「Tonight's the Night」が突出しているので、この1曲を聴いて、ちょっとした満腹感をかんじつつ、2曲目に移行することになる(笑)。しかし、これまた2曲目の「The First Cut Is the Deepest」が優れたバラードとくる。むっちゃキャッチャーなギターストロークの前奏を聴いただけで、ウルウルしてしまうくらいの、これまた判り易く優れたバラード曲がドカーンとくる。

このA面のSlow-Sideって、この冒頭の2曲の秀逸な大衆迎合型の判り易く優れたバラード2曲でお腹いっぱいになる(笑)。3曲目以降は「もう好きにしてくれや、ロッド」ってな感じになるんだが、その期待に応えて、ロッドはやりたい放題(笑)。ロッドがやりたい曲を手当たり次第、歌いまくっていくっていう感じで、なんだか、3曲目以降は、それぞれの曲の出来映えは良いんだが、アルバムの流れとしては、ちょっと「とっ散らかった」雰囲気が無きにしも非ず。

しかし、この「とっ散らかった」雰囲気を最後に渋くグッと締めるのが、ラストの「Trade Winds(貿易風)」。B面って、Fast-Sideなのに、ラストにこの渋いバラードを持ってきたプロデュースが憎いなあ。それまでの、R&B、R&R大会の「とっ散らかった」雰囲気をピタッと納めてしまう。このラストのバラード「Trade Winds」の存在も、このアルバムの重要なポイント。

とまあ、このアルバムは、ロッドのやりたい放題の「とっ散らかった」R&B、R&R大会も魅力的だが、やはり、このアルバムのポイントは3曲のバラードの存在だろう。逆に、ロッドのやりたい放題の「とっ散らかった」R&B、R&R大会があるが故に、この3曲のバラードの甘さが引き締まって聴こえる、言い換えれば、この超弩級のバラード3曲の甘さに流れずに、全体の雰囲気がロック・ボーカルのアルバムとして整っているんだなあ、と感心することしきり、である。
 
 
 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」、「v_matsuwa」で検索して下さい。

Fight_3

がんばろう日本、がんばろう東北。自分の出来ることから復興に協力しよう。

« 抑制が効いた翳りのあるロリンズ | トップページ | 久しく臨時休業が続いています »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/42894013

この記事へのトラックバック一覧です: 余裕のロッドが「今夜きめよう」:

« 抑制が効いた翳りのあるロリンズ | トップページ | 久しく臨時休業が続いています »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ